地震:東北の次は北信越?46分に地震が起こる現象

スポンサードリンク



先日東北で大きな規模の地震が起こりました。

午後に起こった地震の発生が東日本大震災と同じ「46分」発生という偶然。

気象庁によると、17日午後1時46分ころ東北地方で強い地震があり、青森県三八上北で震度5強を観測した。震源地は岩手県沖で、震源の深さは約50キロメートル、マグニチュード(M)は5.7と推定されるという。

午前中にも起こってますが、こちらは「6分」。6も本当によく見られます。

相次ぐ東北沖震源の地震 引き続き注意を

17日の午前と午後、東北の太平洋側の沖合を震源とする地震が相次ぎ、午前の地震では、岩手県の沿岸で最大で20センチの津波を観測したほか、午後の地震では、青森県で震度5強の強い揺れを観測しました。

いずれも、4年前の巨大地震の余震とみられ、気象庁は引き続き注意を呼びかけています。

気象庁によりますと、17日午前8時6分ごろ、三陸沖を震源とする地震があり、岩手県、青森県、宮城県、それに秋田県の各地で震度4の揺れを観測したほか、北海道から東海にかけての広い範囲で震度3から1の揺れを観測しました。

この地震で気象庁は一時、津波注意報を発表し、岩手県の久慈港では高さ20センチの津波を観測しました。

気象庁によりますと、震源地は三陸沖で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.9と推定されています。

また午後1時46分ごろには、岩手県沖を震源とする地震があり、青森県階上町で震度5強の揺れを観測したほか、岩手県普代村で震度5弱の揺れを観測しました。

また震度4の揺れを、青森県八戸市、岩手県の盛岡市、宮古市、久慈市、二戸市、八幡平市、滝沢市などで観測したほか、北海道と東北、関東、それに新潟県の各地で震度3から1の揺れを観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁の観測によりますと、震源地は岩手県沖で、震源の深さは50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています。

気象庁は、今後も1週間程度は強い揺れを伴う地震が発生するおそれがあり、注意が必要だとしたうえで、午前と午後の地震は、いずれも4年前の巨大地震の余震とみられるとして、「巨大地震の発生から時間が経過するなかで、余震の数は減ってきているが、強い揺れや津波を発生させるような地震が起きる可能性は、今後もしばらくは続くと考えられるので、日頃から備えをしてほしい」と話しています。

阪神大震災と同じ「17日」でもありますね。阪神大震災も「46分」に起こっています。

ちなみに米国同時多発テロも08時46分に発生。

単なる偶然でしょと思われる方にはバカにされるかもしれないけれど、このブログを初期に見てくださってる方はおわかりのよう、私はこれらは「起こされた」ものだと思っていて、そしてある法則にのっとって、そのタイミングにあわせて起こしてると考えています。

3.11大震災はほんとうに天災なのか:陰謀論の検証
新ベンチャー革命様より

東電福島原発破局事故の影響は日に日に深刻となりますが、この破局事故をもたらした巨大地震の発生したのが日本時間2011年3月11日14時46分です。この日時は歴史に残る忌まわしい日時となりました。

 この日を英語で表記すると、3.11.11となりますが、2011年4月1日に日本で封切り予定であった米国映画“世界侵略:ロサンゼルス決戦”が米国で公開されたのが運命の 3.11.11であり、この映画予告編で、東京など世界12都市が同時多発的にエイリアンから突然、空襲される日が4/11/2011 04:46:02 GMT(日本時間は13時46分)という設定になっているそうです。その日は今日です。

この映画を制作したのは米国ソニー(SPE、元コロンビア映画)です。ソニーはこの映画にでてくる数字が3.11.11なので、縁起が悪いということで日本封切りを10月に延期しています。しかしながら、この映画は3.11大地震襲来を予知しているかのような不気味な映画です、なぜなら、3.11.11という数字が戦争(Battle)という文字に化けるという不愉快極まりない画像の入った意味深な映画予告編は3.11地震の前につくられているのです。

ちなみに、米国ソニーが米国の闇権力のジャパンハンドリング(対日洗脳)に利用されているらしいことは本ブログですでに分析済みです(注1、注2、注3)。ただし、日本のソニーはそれに気付いてはいないでしょう。

いずれにしても、これは偶然にしてはあまりに出来すぎています、非常に不気味です。

「数字をあわせて起こしている」と考えること自体は確かに陰謀論ですが、地震を人為的に起こせるということは陰謀論でもなんでもなく、物理的に可能な技術です。物理的に可能であれば、悪用することはもちろんありえます(もっとも「悪用」ではなく、それ目的のために軍事開発されてると考えるのが自然ですが)。

平成23年7月11日衆議院東日本復興特別委員会、柿沢議員の質問に浜田政務官
「地震兵器は多くの国が研究している事実!常識!」


 

人工地震の歴史を振り返る その3 ~読売新聞戦後紙面より~

o0350077811926240676

(上記リンク先に他の新聞記事もあります)

アメリカの公式文書にも記された内容です。

日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦

oss-title -02
 

東日本大震災では、3回の大きな地震が起こったと気象庁は最初に発表しました。

311kishochou
 

これだけでは今回の東北の地震も怪しいとは言えないものの、私的には46分発生というだけで怪しく感じてしまっています。念のため気に止めておくということで。。

また、次回は北信越が危ないという指摘もあります。備えあれば憂いなしということで、しっかりと万端にして欲しいと思っています。

「震度5以上」的中の学者が警告 東北の次は北信越が危ない

17日、東北地方を立て続けに襲った大きな地震。午前は最大震度4、午後は5強だった。3・11の悪夢をよみがえらせるような揺れだったという。震源は三陸沖と岩手県沖。気象庁は「いずれも東日本大震災の余震」としたものの、午前と午後の地震に「直接的な因果関係はあまりない」との見解を示した。

だが、東北大災害科学国際研究所の遠田晋次教授はこう言う。

「検証が必要にはなりますが、2つの震源は200キロ以上離れてはいても、午前の揺れが午後の揺れを誘発したと考えています。このところ頻発している地震は3.11で断層が大きくズレた地域の周辺で発生している。2014年以降、東北地方で起きた震度4以上の地震は24回に上っています。3.11の影響がまだ残っているのは明らかです。東京を含め、房総沖まで延びる東日本エリアは安心できません」

6日に発生した徳島県南部地震に続き、今回の東北地震をピタリと当てたのが「地震科学探査機構(JESEA)」の顧問の村井俊治氏(東大名誉教授)だ。今年の日刊ゲンダイ本紙新年号で<15年1~3月の間に大地震が発生する可能性がある>と指摘。震度5以上の地震が発生する可能性が極めて高い要警戒地域に「奥羽山脈エリア」を挙げ、こう警鐘を鳴らしていた。

 
 

スポンサードリンク