[原発] ベルギーのテロで原発作業員が避難 パリのテロの犯人との関連性



ベルギーでテロが起こりましたが、それとほぼ同時にベルギーの原発で作業員が避難していたことがわかりました。

ベルギーのテロを受けての措置とのことですが、ベルギーの原発では過去たびたび事故を起こしており、何か異変があったのではないかという疑いも隠せません。

Cej5I_0W8AERXK4

原発作業員の大半避難=ベルギー南部

【ブリュッセル時事】ロイター通信によると、仏エネルギー大手エンジーは22日、ベルギー当局の要請を受け、同社が運営するベルギー南部にあるティアンジュ原発の大半の作業員を避難させたことを明らかにした。

原発は稼働中で、稼働に必要な作業員は残しているという。

ブリュッセルで起きた連続テロを受けた措置とみられるが、何らかの異変があったかどうかは不明。 

こんな記事も。

「ベルギーテロ」第一標的は原発だった!核責任者の自宅から隠し撮りカメラ

ベルギー・ブリュッセルの連続爆破テロの実行犯が原子力発電所をターゲットにしていたことが明らかになった。ベルギー北部のアントワープにあるドエル原子力発電所で職員に退去命令が出たことについて、地元紙は自爆したバクラウィ兄弟が核プログラム責任者の自宅近くに隠しカメラを設置し、10時間記録していたと報じた。

ベルギー検察当局も映像の存在を認めており、パリ同時多発テロに関連した押収物のなかからこの映像が発見されたという。また、パリのテロで中心的役割を果たしたとされ逮捕されたサラ・アブデスラム容疑者が、「原発を狙ったテロ計画を進めていた」とも報じている。

アブデスラムは地下鉄爆破で自爆したカリト・バクラウィ容疑者が偽名で借りたアパートに潜伏中のところを逮捕された。このため、捜査当局の包囲網が狭まっていることに気付いたテロ実行グループが、原発テロを諦め空港と地下鉄に急きょ変更したとの見方が強まっている。

前田浩智(前毎日新聞政治部長)「ベルギーのテロで明らかになったように、どんなに警戒を強化しても、命を惜しまないテロを完全に防ぐのは難しい」

いずれ原発が攻撃されるということか。いまだ事故が終息していない福島第1原発をやられたらひとたまりもない。

もし本当に壊滅的なテロの被害をもたらしたいなら、まずは原発を狙うのは自然でしょう。

パリのテロでも疑いが持たれたよう、もしこれが偽旗によるものだとすれば、本当の目的はテロによる壊滅を狙ったものではなく、パリでの一連の流れがそうであったよう戦争で攻撃することを正当化させるため(愛国心を煽る)のものだと言えます。

軍産複合体が潤うためには、テロとの戦いが「必要」なわけです。


 

パリの街では、軍隊募集の広告が所狭しと貼られていたといいます。


 
ベルギーのテロの実態はわかりませんが、こんな写真が出ていることからしてパリのテロと同類である疑いも否めません。


 

原発だらけの日本も、テロの口実にされテロが起こされる可能性は非常に高いわけです。むしろ、格好のターゲットと言えるでしょう。
 
 

スポンサードリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク