他人は他人、自分は自分。境界線をきっちり引くと幸せになる



…というのは持論であると同時に、自分の過去、そして自戒です。

他人と自分を比べて惨めになったり、妬んでいたのは過去の自分

育った環境において苦労も心配もすることなく、望む道を手に入れていた人をひたすら妬んでいたのは、何を隠そうずっと昔の過去の私。まだ10代の頃。

同級生のほぼすべては、親が全部面倒見てくれ、当然学費も全部出してくれ、何の心配もなく、大学進学して夢を追う方向に躍心していく。

祖母の死後、学費となるはずのお金は親がすべて新興宗教に注ぎ込んでしまい、私は何も悪いことしてないのに子供ながらに貧乏で悲惨な思いをし、家庭環境や国のシステム(無償貸与制の奨学金や教育救済システムがない)のせいで望む教育さえ受けられない。

高校生の頃から身を粉にしてバイトもした。正確には中学生の頃からスキー場宿泊まり込みでバイトした。それでも到底届かない。高校も県の奨学金。元から与えられてるこの理不尽はいったい何??

といった具合。

思春期の頃にこういう経験をして、当時はネットもなかったので、他にも同じような同志がいることも知る由もなく、変わった家庭環境の人が周囲にいるはずもなく、1人で苦しむ日々。

その後、20代に入ってもしばらくはこういう在り方がデフォルトに。それは間違っている在り方ことだと気づくきっかけもなく、誰からも教わることなく、親から車やブランドバッグを買ってもらえる経済的に恵まれた同級生を妬み、自分は次週の食費もままならない状況で呆然と立ち尽くして、時に生きる希望をなくして。

そんな過去もあって、うまくいっている他人を妬む気持ちは、とてもよくわかる気がするんです。
 

他人と比べて落ち込む、妬む。そんな不幸の負のループから抜け出せた理由

そんな妬みや自分卑下の不幸体質だったのに、やがて抜け出すことができた。

その理由は、私の場合は「ネットの台頭」でした。

ネットと出会って、本当は自分にはパワーがあることを知った。世界にはいろんな世界があることを知った。自分の世界がいかに狭かったかも知った。悲惨な環境から抜け出して自分で掴み取って叶えていくことができるという概念を知った。そして、勇気を得た。人生を変える勇気、覚悟を。

今でもネット界隈では「貧困の連鎖」について言われています。無知のまま、何も学び得ず、何も行動を起こさなければ、確かに貧困は連鎖してしまいます。

そんな「貧困を抜け出す努力」など何1つしなくとも、家が裕福または最低でも中流以上で、元から経済的余裕を持って暮らせるような恵まれた人は確かにいる。土台からして違うのも確か。貧困を抜け出すにもまたお金がかかるのです(学費、資格取得費用、書籍代、その他)。

でもそれが現実なのだから、受け入れるしかない。受け入れると決めて、自分で連鎖を断ち切るしかない。

今ならばネットがあります。情報を受け、それをどう取り入れ、どう実現するかだけ。時間はかかるかもしれない。ネットで無料で勉強できることもたくさんあります。図書館も活用できる。

それもあってか今の若者はYoutuberになりたいだとか経済状況にかかわらず夢をかなえる方法があることも知ってる。

今の若者は可哀想などという言説がネットで見られるけれど、私は、今の若者はこれまでにないほど恵まれていると思っています。ネットというツールを使って人生を変えることができるから。

私の時はそれがなかった上に、実家や家族という助けもなく、バブル崩壊後の就職氷河期で仕事は見つからない。自分で変えるなんて発想は皆無で、社会が強いてくる常識とやらに従うしかなく、希望をなくしたまま死んだように生きてました。

そこを這い上がって、自分の人生は自分で変える・変えるしかないという概念に辿り着いた。

他人が悪い・社会が悪い・国が悪いと文句を言って外部のせいにして過ごしたところで、それで解決するならまだしも、外部を恨む負の想念が自分を支配してしまうばかりで、自分が幸せになることはできません。

正直、私にもまだ後遺症があって、完全に克服し切れていない自分を発見したりもして、日本に来ると辛い過去を思い出してしまうのです。

だから日本の大自然や遺産などが大好きなのにもかかわらず、まだまだメンタルの弱い自分は、引き続き海外で生きる必要があるようです。
 

40代、50代でも人生を変えている人は存在する

また、若者と書いたけれど、40代、50代でも人生を変えている人は世界に存在します。

30代後半や50代からでもソフトウェア開発者になるのには遅くないという10人の実例

37歳からプログラミングを学び、GitHub日本法人を設立。堀江大輔が第一線で活躍し続ける理由。

上記はITの例ですが、他にもヨガやそば職人、その他、40代を過ぎてから新たに人生の挑戦をしている人々もいます。

「雇われる」という箱だけにこだわれば、特に年齢制限がある日本の場合は「若い」ということが必要だけど、生き方は多様で雇われることだけがすべてじゃないですからね。

私は35歳頃からWeb制作をゼロから独学で学び、Androidのプログラミングも2年ほど前に学習。懲りずにまだ他のプログラミング言語を学ぼうとしています。

英語も今では仕事で普通に使っていて話すのに不自由していませんが、初めて本格的に練習・勉強し始めたのは25歳過ぎてからです。ちょうどネットが一般的になった頃。

おもしろいことに、負のループを断ち切れた頃から、人生が変わったように思います。
 

究極的につきつめると、他人の動向がまったく気にならなくなる

確固たる独自の自分の人生、自分ならではの生きていく術、自分の幸せを追うにあたって他人の在り方は関係ないはずが、気にしてしまう。目に入ってしまう。比較しては落ち込んだり怒ってしまう。

他人との境界線がきっちりと引くことができていないからと思います。

何がともあれ、他人との境界線をきっちり引く。

他人がどんな状況であれ、どんな在り方であれ、他人は他人。自分とは違う。他人の素振りは目に入れない。消し去る。

自分が、自分の今の地点から、どう変わるのか。

自分がやるか、やらないか。
自分が変わる覚悟を持つのか、持たずにそのまま変わらずにいるのか。

これを究極的につきつめていくと、他人が何を言っていようとまったく気にならなくなります。

5bce280cb4030697a9a0b81c501d4be3_s
 

他人の動向を気にして他人に攻撃の矛先を向けている事例

他人を気にする文化からか、他人を揶揄するネットスラングが日本にはいっぱい。

監視のように他人の動向は気にするけれど、監視してる割には本当に困ってる時に助けなかったり。

以下の記事も象徴的です。

「自分よりもいい人生に見える」――他人のSNS投稿、日本人の2割が“嫉妬” Kaspersky Lab調査

調査は2016年10~11月、世界18カ国の16歳以上の男女1万6750人を対象に実施。そのうち日本の回答者1000人中391人が「SNSで嫌な気分になったことがある」と答えた。

「ある」と回答した人に「SNSを見て嫌な気分になった理由は何か」(複数回答)と尋ねたところ、約54%が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行、休暇)」と答えた。

 その他の理由には「迷惑な広告」(48%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(43%)、「自分が投稿した写真やコメントに『いいね!』やコメントがあまりつかなかった」(42%)などが挙がった。

日本以外の国も含めた回答結果では、トップが「迷惑な広告」(72%)で、以下「誰かから『友達削除』をされた」(61%)、「誰かが自分のタイムラインやプロフィールに批判的/否定的なコメントを書いた」(59%)と続いた。

SNSで嫌な気分になった理由として、日本だけ回答の半数以上、全体の2割が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った」ことをあげているのです。。

他人の在り方や世間的常識、日本社会や都市などのシステムから離れてみる

日本ではとにかく他人の存在を気にしすぎだから、幸せになれない・幸せでいられない一面もあるのではと思っています。

もちろん要因は複数様々で、日本の画一的な教育とか、集団主義の社会的風潮とかいろいろあると思います。そんな中ではなかなか難しい。

他人を気にするシステムに属さないと、その組織・派閥で生きていけない側面もあると思います。他人という存在を消し去ることは、日本の組織的社会で生きることにおける死を意味するかもしれない。

それでもやはり、自分独自の幸せという概念を忘れずに、そこで幸せでいるためには、出来る限りで他人という存在、というか他人という概念を忘れる。消し去ることが必要に思います。

一番手っ取り早いのは、日本を出て海外で生きることなんですけどね。日本の常識はなくなるから。その他大勢の他人を変えようとするより、自分が動いて変わってしまうのが一番簡単で早い。

海外は無理にしろ、日本の中で、少しでもシステムから離れられる場所に移動することも1つだと思います。私なら、できるだけ人のいない所で、お試しで住んでみる気がします。

それを実現するためには都市での便利な生活、都市で当たり前だった仕事とか給料水準とかを脱する必要がありますけどね。

その意味での、自分独自の人生を幸せに歩む生き方をするには、世間的常識からいかに少しでも離れ、他人と比べてしまうことにおいて他人との境界線をきっちり引けるかにかかっていると思います。

この記事に関連する過去記事