[原発事故] 1日だけ訪問の大臣が防護服、福一作業員に防護服を着させず



酷い話です。福島第一原発で作業をする作業員に防護服を着させずに作業させられるようにするとのこと。

福島第一原発 大半の場所で防護服なしで作業へ

K10010420901_1602250435_1602250436_01_03

福島第一原子力発電所の事故からまもなく5年になるなか、東京電力は、来月から大半の場所で防護服も手袋も着けずに作業できるよう段階的に運用を見直す方針を固めたことが分かりました。これまでの対策で、敷地内の放射線量が大幅に下がったためで、廃炉現場で働く作業員の負担軽減を図りたい考えです。

福島第一原発は、敷地全体が汚染されたため、作業員は、防護服や二重のゴム手袋を着けなければならず、動きにくいうえに細かい作業に支障が出るなど課題となっていました。

これに対して汚染された土を剥ぎ取ったり、地面を舗装するなどの対策が進められた結果、地表付近の放射線量が、目標としていた毎時5マイクロシーベルト以下に下がったエリアは、去年12月現在で全体のおよそ90%に上るということです。

このため東京電力は、来月上旬から対策が済んだエリアについては、防護服も手袋も着けずに一般的な作業服だけで作業ができるように運用を見直す方針を固めました。ただし、現場の混乱を避けるため対象となる作業員は、段階的に増やしていく方針で、事故から5年になるなか、作業員の負担軽減を図りたい考えです。

一方、原子炉建屋などの周辺や高濃度の汚染水が入っているタンクの周辺は、引き続き防護服やゴム手袋が必要で、作業服のままでこうした場所に近づかないよう出入りの管理を厳しくするとともに、作業員への周知を図っていきたいとしています。

90%が毎時5マイクロシーベルト以下に下がった、って・・・5マイクロシーベルトはチェルノブイリで強制避難ゾーンとされた高い線量ですよ。何を言ってるのでしょう。

5.362μSv/h:強制避難ゾーン
2.011~5.362 μSv/h:強制(義務的)移住ゾーン
0.670~2.011 μSv/h:希望すれば移住が認められるゾーン
0.134~0.670 μSv/h : 放射能管理が必要なゾーン

空間線量率μSv/hの数値で、直接 チェルノブイリと比較するより

対して、1日短時間だけ福島第一原発を視察した丸川環境相は、がっちり防護服で厳重装備をしています。それで「風評被害の払拭」とか言ってるのだからふざけています。

CUfLF4fUsAA6z9f

「風評被害ガー」言うなら自分が何も着ないで福島第一原発に行く、話はそこからです。