外部他人依存から脱却、自分依存の生き方へ



私は、海外に移住する、海外に住む体験をする、ということを推奨しています。若い方々に対しては特に。ワーキングホリデーなどの制度も活用して欲しいものです。

そんな中で気づくであろうことは・・・

日本の中で常識とされていることの多くが「日本独自の洗脳」

日本の中で常識とされていることの多くが「日本独自の洗脳」であること

すでに海外在住で、現地人の中に暮らしてるような人はわかる感覚と思うのですが、海外では「自分の意見をきちっと持っている」「自分の意見がきちんと言える」ということが、ごく当たり前。

少なくとも自分のいる国、過去住んだ国でもそうだったことは自分が体験しています。また他国にいる方からの感想も聞いたりしてますし、お隣韓国の友人もそんな感じです。

「人間らしい生活・人生」を送る上で、自分の意見や主張を持つことは、日本の外ではごく当たり前であり、自然なこととなっています。

にもかかわらず。

日本では自分の意見を持つこと、自己主張をすることは善とされない風潮・文化があります。

それどころか、自分を押し殺してまで周りや集団に合わせることが善とされ、強制される環境。

よって、「自分を持つ」ではなく、「その他大勢・多数に従う」ことがスタンダードになってしまってます。自分がどうこうよりも、周りに合わせることが重要。

だからこそ、そんな文化の中では、自分の意見・考えを持つことが奪われ、自分がなくなってしまいます。



自分の頭で考え判断し意見することを良しとしない日本の文化

加えて、日本は他者外部依存文化でもあります。

「自分はどうしたいのか?」という部分が欠けていることと合わせて、大事な判断さえも自分の頭で考えるのではなく、他者に任せてしまうことが非常によく見られます。

自分の意見と思ってることが実は、自分独自の意見ではなく、世論やマスコミ論調、または権威が展開していることにしか過ぎなかったりすることも多いです。

ちょっとでも異を唱えると、それに対する問いかけが自分自身に向くのではなく、他者(他人)に向く。

all
 

たとえば「私はどうしたらいいのですか?」という質問を私は幾度となく浴びてきました。

それも普段のささいな状況の中でもささいなことならいいとして、命に関わるような状況においても、そんな感じの人が、まだまだ圧倒的に多い。

たとえば放射能からの避難のトピックとしましょう。

「そんな避難と言われても、仕事はどうするのですか?」
「移った先で仕事が見つかる保証もないのに、面倒みてくれるんですか?」
「TVではそんなこと言ってないけど、違ったら責任取ってくれるんですか?」
「お金がない人は、どうすればいいのですか?」

これらは、他者外部に依存することを前提にされている質問。
自分で思考する代わりに、他者に答えを求めてしまってるんですね。

これらの質問の、何がおかしいかがわからなかったら、それは日本という箱の中でどっぷり洗脳されている証拠です。

なぜなら・・・

自分がどうしたいのかは自分で考えて判断し、自分の意見と主張を持つ

これが、日本の外における標準の感覚だからです。

周囲の顔色を見ることを最重要にすることは日本では美徳でも海外では通じず

洗脳されていると気がつけませんが、他人や外部に重大な決断を委ねてしまうことって、「自分で考えることを拒否している」「自分で考えたくないことの表れ」。

では、自分で考えて決断できる人、他者依存ではない自分に軸を置いている人はどうなるか。

周囲や他者ではなく、自身に問いかけ、自分独自の答えを求める

ことをします。

「どのくらい危険なのか情報収集しよう」
「移住先で仕事があるかわからないけど、探してみるしかない」
「お金がない今は難しいけれど、どう実現すべきか考えよう」

これらはあくまで例ですが、要は「自分の行動に関して他人への問いかける」ではなく、「自分に対する問いかけ」「自己判断」となります。

要は、生命に関わるようなレベルの重要な状況において、

「自分はどうしたらいいのですか?」
「自分はどうすればいいんですか?」

などと、他人に「自分の行方」「自分の人生に関する判断」を委ねません。

(質問や相談はするでしょう。が、自分の動向を、他者に全依存しません)。

自分の意見が求められる海外では「出る杭になる」ことが必要

「あなたはどうしたいの?」
「あなたは何がいいの?」
「あなたは何がしたいの?」

海外では、自分の意見が求められます。

これは英語習得で海外にホームステイした方、住んだ方などが経験されてるかもしれません。特に英語留学として英語圏であるなら、「自分はどう思うのか」「自分はどうしたいのか」という自分を問われることは必ずあることでしょう。

ここでもフィリピンでも英国・米国でもそうですし、世界的だと思います。

しかし、前に書いたよう、日本はそうではない。自分に関する主張が善とされていないから。

簡単なたとえをすれば、日本では

「出る杭は打たれる」

ですが、海外では、

「出ない杭は生きていけない」

こんな感じになることでしょう。

2017-08-06_1708

日本式洗脳に「おとなしく従う羊」から変わらなければ生き残っていけない

残念ながら「自分がない」「自分の意見・考えがない」という悪しき風潮が、国際舞台では自らの足を引っ張る元となってしまいます。

もともと島国で農耕文化だったゆえ、自分を持たなくとも群れて皆と同じでいれば問題なかった背景は大きいと思います。そこが他国と違うところで。

「日本で住むんだからいい、何が問題なのか?」という人もいるかもしれません。もちろん、そのまま平和ならば何の問題もないです。

けれど今は、放射能はばら撒かれ、TPP決められ、増税も決められ、次々に国による棄民政策がされてます

今のこの状態、自分がない状態で、生き抜いていくことはできないレベルにまで達し始めています。

外から肉食獣がウヨウヨ湧いてきて、今にも食いつこうとしているのが今。もう食いつかれ始めているかな。

「自分はどう思うのか」「自分の主張ができるかどうか」が、自分や家族や、そして国の存続にかかってくることになります。

今後訪れる厳しい現実とともに「変わらなければ生き残れない」ことが、ますます明らかになるでしょう。

日本の国民は長い間、「おとなしく従う羊」にされてきました。このままでいると、ますます政府・国の横暴が進んでいきます。

その時に国民が「自分がない」「他者に委ねてるだけ」では、横暴を止めることも、ましてや国を変えることなどできないでしょう。

日本式の洗脳は、「生き抜いていく」点において危険な側面がある。

だからこそ自殺が減らないし、絶望を感じたらそれを自分の生きる権利として政府等にぶつけるのではなく(抗議・暴動など)、内方向に向いて自分を抹消してしまう。

自殺もそうだし、止まらない過労死もそうだし、その意味では特に、日本社会におけるくだらない日本式洗脳の犠牲になって欲しくないんです。

<以下へ続く>

  • ●日本人だけど、日本のここが嫌い●163ヶ所目 | エコ速 - 2chまとめブログ
    03/10/2016 at 17:35

    […] 21:39:34.22 ID:x5sAyL6N 外部他者依存から脱却、自分依存の生き方へ http://sekaitabi.com/codependence.html 続「すべて丸投げ」の脱却と、皆が気づかない洗脳電波 […]