4号機使用済燃料棒抜き取り11月8日-クレーンが支える日本



 

東電が福島第一原発4号機の燃料棒抜き取り作業を、来月8日にも開始することが伝えられました。

福島原発、燃料取り出し前倒し 4号機、来月8日にも

東京電力が福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに保管している1533体の燃料取り出しについて、早ければ11月8日にも開始する方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。

廃炉が決まっている1~4号機のプールからの本格的な燃料取り出しは2011年3月の事故以来、初めてとなる。当初計画では11月中旬の開始予定だった。

政府・東電が示す廃炉工程表は三つの期間に分かれており、「第2期」に当たる4号機プールからの燃料取り出し開始で、廃炉工程は新たな段階に入る。取り出しは来年末まで続く見込み。

福島第1原発4号機貯蔵の燃料棒、11月8日にも取り出し開始

福島第1原発4号機の使用済み燃料プールに貯蔵されている燃料棒の取り出しが、11月8日にも開始される見通しであることがわかった。

4号機の燃料プールには、使用済み燃料など、1,533体が貯蔵されているが、東京電力は、使用前検査などの手続きが終わり次第、早ければ、11月8日にも燃料棒の取り出しを始める見通し。

4号機の燃料棒は、原子炉建屋を覆うように建設された大型のクレーンで取り出され、当面は、近くにある共用プールという、貯蔵施設で保管されることになる。

4号機の燃料棒は、2014年末までかけて取り出される予定で、取り出しが始まれば、福島第1原発の事故収束に向けた作業は、次の段階に進むことになる。

fnn1

 

使用済み燃料棒のプールからの取り出しの致命的な危険性

このクレーンによる4号機燃料棒抜き取りに、日本の命運がかかっているといっても過言ではありません。もし失敗するようなことでもあれば、日本の大半が不住の地になる事態が引き起こされます。

そして、失敗の可能性も決して否定できない要素はいくつもあります。

4号機自体が、地盤沈下で4号機建屋は傾いている
4号機使用済み燃料棒の抜き取りが来年末までという期間を要する
1−5号機すべてにおいての燃料棒抜き取りは10年という年月がかかる
その間に、大きな地震が起こらないという保証はまったくない
汚染水の移送にも失敗し汚染水が溢れている
少し前に実際にクレーンが折れ曲がった
もし倒壊するようなことがあれば、日本どころか北半球が終了(ガンダーセン氏)

 

汚染水より深刻、使用済み核燃料の取り出し―収束作業の現場から

南相馬市に在住されているライターさんの記事から、使用済み燃料棒の抜き取りについて語られた箇所を転載します。

汚染水より深刻 使用済み核燃料の取り出しー収束作業の現場からⅡ

東京電力福島第一原発事故の収束作業の現場で働く草野光男さん(仮名 50代 いわき市)からお話を聞いた。草野さんは、事故以前から福島第一原発をはじめ全国の原発で長らく働いてきた。

草野さんは、汚染水問題などに関する国や東電の公式発表と、現場で作業する者の意識のかい離を指摘する。とくに4号機プールで11月中旬から始まる使用済み核燃料の取り出し作業について、その危険性を訴え、「クレーン操作に日本の運命がかかっている」と話す。

また、避難住民が多く暮らすいわき市で、地域の中で生じている軋轢について、「かつての戦争のときと同じだ」と憂う。 (インタビューは、9月中旬、いわき市内)

4号機のクレーン操作に日本の運命が

4号機のプールにある使用済み核燃料の取り出しを11月中旬から開始するとしていますが。

〔4号機プールには使用済み核燃料1331体未使用の核燃料202体が保管されている。そこに広島型原爆で約1万4000発分の放射性物質(セシウム137換算)が含まれているという。

東京電力は、2014年末まで作業は続くとしている。その後、2015年9月頃から、隣りの3号機プールの使用済み核燃料の取り出しを目指すとしている〕

草野:これは、リスクのある作業です。汚染水のレベルではないですよ。汚染水はまだ流れているだけですから。それ自身がすぐに何かを起こすわけではない。海に溜まっていくだけです。それはそれでのちのち深刻な問題なのですが。

だけど4号機プールの使用済み核燃料は、そもそも事故のとき、アメリカをはじめ、全世界が震撼していた問題です。福島だけじゃなくて東京が飛ぶかもしれないと本気で危惧されたものです。だから、失敗が許されないのです。

汚染水タンクの問題が明るみに出るまでは、やはり安全神話があって、そういう基本的なレベルでの破綻や失敗はないだろうと思われていましたが。

草野:4号機の作業で、タンクのときと同じレベルの人為的なミスや技術上の問題が起こったとき、汚染水のように「漏れてました」という具合では済まされませんね。起こることは、そういう比ではないですから。

水の中でキャスク〔特殊な容器〕に入れて、密閉して釣り出すというのですが、果たしてうまく行くでしょうか。プールはガレキで埋まっているし、燃料集合体だって壊れているかもしれません。

水の中にあるうちは、まだいいのです。遮蔽効果があるからですね。釣り上げて、外に出したときが危険です。例えば、この間のようにクレーンが倒れたりするわけですよ〔※〕。そういうことが起こって核燃料が露出してしまったら。もう、近くにいる人間は即死するぐらいの線量です。一気に命の危険にさらされます。

〔※9月5日に発生。3号機のクレーンのアームが中央付近から折れ曲がった事故〕

さらに地震や津波の再来や竜巻の襲来ということも考えられますね。

草野:そう。地震や何かで、冷却システムが故障したり、プールにヒビが入って水がなくなるということだって、可能性としてはあります。もし、水がなくなったら、核燃料がむき出しになって、温度がどんどん上がり、大量の放射性物質がまき散らされてしまいます。

そうなったら、作業員も、もう現場から退避せざるを得なくなります。あるいは決死隊になってしまいます。それが、チェルノブイリで起こったことでしょう。東京まで避難になります。

使用済み核燃料の取り出し作業が1~4号機全部で10年ぐらい続くとしていますが。

草野:気の遠くなる作業です。その間、一回の失敗もないなんて、この間起こっていることを見ていたら、難しいでしょう。また、10年の間、地震も津波も竜巻もないという保証もありません。

 

作業員の確保の問題もあります。

草野:そうですね。個人的には、これだけのクレーン作業を扱える技術者が集まるだろうかと思っています。

遠隔操作はできないでしょう。この間のプールのガレキ撤去作業で、1日の被ばくが2ミリシーベルトとかいっていますね。すごい被ばくです。線量の高いところに、クレーンで行かなければなりません。作業時間が限られます。そうすると、ものすごい人数がかかるわけです。しかも技術がないといけません。

だから、作業員の確保というところで、限界にぶつかるかも知れないと私は思っています。

深刻な危機と隣り合わせで進むわけですね。

草野:そうですよ。だから、オリンピックだとかと言って、浮かれている場合ではないわけです。

4号機で、釣り上げて一本ダメにしたら、もうそれで終わりになってしまう。クレーンの操作に、日本の運命がかかっている。そう言っても過言ではありません。その間に地震が来ないことを神に祈るしかないのです。非科学的ですけど。

でも、皆さん、祈りませんね。アベノミックスで景気がよくなるかどうかなんてことしか話題にしていないですね。

何が必要でしょうか?

草野:不発弾を処理するとき、半径何メートルって住民を避難させてからやるでしょう。せめて、子どもを避難させるとか。そこから行けば、すべての答えが出ると思うんですが。でも、そんなことは誰も言わないですね。

とにかく、子どもはいったん逃げてほしいです。私は、最後までいるつもりです。どのくらいまで見届けられるかというのはありますけど。

(管理人)

以上、一部を抜粋転載しましたが、他にも実情が生の声でつづられていますので、元リンクもご覧いただけたらと思います。全文はこちら また別記事で、記録として全文転載したいと思ってます。

実際の作業員の生の声として、燃料棒抜き取りがどれだけの危険性をはらんでいるか、また失敗は絶対に許されない状況であるということがわかります。

 

「特定秘密保護法案」(秘密保全法)との絶妙なタイミング

また私が別で危惧しているのが、先日の「特定秘密保護法案」(秘密保全法)の記事に書いたとおり、燃料棒抜き取りに関して、何か致命的なことが起きたとしても、秘密事項として闇に葬りさられるのではないかという疑念です。

「特定秘密保護法案」(秘密保全法)の問題点-国会提出に

そうすれば、それに関わる関係者や作業員などから、上記記事のようにインタビュー記事を聞く、なんてこともできなくなりますし、マスコミ報道さえも制限されてしまうことから、どんな危険な状態かがまったくわからないこととなります。

この、4号機の使用済み燃料棒の抜き取りに合わせるかのように、国会に提出される「特定秘密保護法案」(秘密保全法)。

燃料棒の抜き取りとリンクして、国民に大事な情報を遮蔽して知らせなくなることを恐れています。

「すべてはコントロール下」と壮大な嘘を世界に向かって発言した安倍首相。

「すべてはコントロール下」を実現するには、燃料棒抜き取りで致命的な事態になってしまってそれが知られたら、オリンピックは実現しなくなります。

福島第一原発の状況や情報を遮蔽するために、このタイミングで「特定秘密保護法案」(秘密保全法)を国会に提出ーそう取ることもできてしまいます。

国民も、福島第一原発も、すべて国の統制監視下に閉じ込められようとしています。

 

 

ヤクザと原発 福島第一潜入記
鈴木 智彦
文藝春秋

 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク