[海外社会情勢] 法定有給5週間(100%消化)のデンマークのGDPが日本より高い件

スポンサードリンク



ツイッターで、デンマークがすごいと話題になっていました。実際いくつかツイを見て、これはすごい!と。こんなに福祉が厚くてよく国が回るなと思います。

その分高税率ではあるわけですが、どこかの国のよう税金の大量無駄遣いをせず国民にきちんと還付している様子がわかります。

私が、「これはすごい、今の日本にいるとまるで夢のよう」と思ったツイを抜粋します。
 

国民を大事にしている・・・日本とことごとく真逆のデンマーク

5週間の法定有給が当たり前にちゃんと取れる

有給がちゃんと取れる。それも年5週間の有給が、法律で決まってます。そして消化率はほぼ100%と。どこぞの国と真逆です。しっかり休んでしっかり仕事ができ、生産性も上がりますね!


 

本来は当たり前の「残業なし」も当然

残業はなし。どこぞのブラック労働国家でもない限り、まぁ当然ですね。就業時間内という「締め切り」「期限」にきちんと間に合わせて終われるのが普通の国の、普通の働き方です。


 

自国の学生をきちんと保護・補助

自国の学生をきちんと保護してくれます。家庭の経済状況に関わらず、本人の意志のみで安心して学べます。奨学金と詐欺的な呼称をして国が学生から利息を取って儲けるどこぞの国とは大違いです。


 

授業料無料、学生がお金の心配なく学べる

これも日本と真逆。学生がお金の心配なく、貧困を味わうことなく、ちゃんと教育が受けられます。


 

デンマークの年金制度は税金が財源

どこかの独裁国家のよう、年金をギャンブルに使われることもありません。しかもそのギャンブルに使われた日本国民の年金はすでに消えてしまっていることを、日本国民は自覚しているでしょうか。


 

子供も安心して産んで育てられる環境

これなら安心して子供を産んで育てられますね!


 

貧困や失業の心配なく医療が受けられる

医療が無料、貧困や失業の心配なく医療が受けられる安心があります。


 

自分で考えさせる教育

どこかの全体主義洗脳国家と違って、自分で考えさせる教育のようですね!


 

幼稚園の頃から考える力を養う教育

自分で考えさせる教育は、幼稚園の頃から始まるようです。


 

子供手当ての厚さ

そして、子供手当ての厚さ!


 

食の安全性にも厳しい

偽装だらけのどこぞの国と違って、食の安全もきちんとしています。


 

オーガニックも充実

オーガニックも充実。生産量、消費量、輸出量ともに世界をリード。


 

報道の自由がある

報道の自由度が世界で3位。これも日本と真逆です。


 

介護職も高い待遇

介護職の給料…!これも日本と真逆です。


 

役人が若い

日本のよう暴走老人に支配されていません。


 

男女が同権で平等

男女も平等。


 

多様性にも寛容

世界ではじめて同姓カップルを認めた都市、多様性にも寛容。


 

電気は風力発電でまかなわれている

多くが風力発電!


 

自然エネルギー、100%が目標

自然エネルギー100%を目指してます。日本に売り込むとも。


 

再生可能エネルギー、世界で1位

再生可能エネルギー、世界で1位。化石燃料もゼロ目標。


 

会社が目を保護するメガネを支給

個人的にはこれが驚きです。ここまでやってくれるのかと。まさにPC仕事で目が疲れがちなので。。


 

副業も自由

副業も自由!またまた日本と逆。


 

子供を安心して育てられる

子供が貧困に悩むことがない国。これも日本と真逆です。


 

「世界一幸福な国」とも言われている

デンマークは「世界一幸福な国」ともされています。


 

弱者が救われる、国民が幸福に生きられる

弱者が救われる、国民が幸福に生きられる国というのが、下記ツイからも手に取るようにわかるようです。


 

日本より労働時間が少ないのに経済も黒字

なんと、経済もリーマンショック以降に黒字に転換!


 

失業率も高くない

失業率が高くないというのも意外です。


 

ちょっと最近書いた以下の記事と対比させてみてもいいかもしれません。デンマークの国民に対して責任を果たしている様子を見ていると、日本はいったいどこの独裁国家かと思いますよ、ほんと!

[国内社会情勢] 日本が異常でおかしい国と化している10の理由

デンマークが高税率だからできることとも言えますが、日本だって各種の目に見えにくい税金が相当あって、相当ボッタクられています。ただ日本の場合は大量無駄遣いしてるから国民に還元されていません。
 

もちろん素晴らしい点ばかりというわけではない 手当ての厚い高税率の国の問題点

もちろん、素晴らしく見えるこれらのデンマークの数々ですが、良い点だけということでもありません。高税率の国に見られる特徴として、「がんばって努力して結果を出しても報われない」という問題があります。

労働者には手厚く優しいけれど起業家には報われない構造…有能な起業家は国外へ流出

労働者には優しいけれど、起業家には報われない国。大きく稼いでもたくさんのお金が税金で持って行かれてしまい、自分ががんばって結果を出した分の成果を手にできないという問題も。

簡単にいえば、結果を出せば結果を出すほど(=稼げば稼ぐほど)損をする。これは北欧の他の国も抱えてる問題のようで、世界で活躍するレベルの北欧人は、母国に帰ろうとしないケースが多々あるのを聞いています(自分の知人然り)。

なので稼ぐ人・稼げる人たちが自国を出てしまいます。デンマーク大使館のツイートにもありますが、労働力が不足していると。


 

軽減税率のない高額な税金

そして消費税は、軽減税率のない25%です。


 

それでも税金がきちんと国民のために使われているため、依然高い国民の幸福度

しかしそれでも、何より税金がきちんと国民のために使われており、貧困などの心配をすることがなく、飢える心配も当然なく、人間らしいライフスタイルで、国民の幸福度が高いのです。

これだけ高税率であっても、政府が国民の幸せのためきちんと使うなら、文句は出ないことでしょう。

今20代の皆さん、ワーキングホリデーでデンマークに行けるチャンスがあります。ワーキングホリデーなので、1年間働きながら過ごすことができます。

私管理人がワーホリ世代の時は、協定国が3ヶ国しかありませんでした(オーストラリア、ニュージーランド、カナダ)。私が今20代なら間違いなく行くことでしょう!


 

ひととおり眺めていると、まるで、デンマークと日本、それぞれ対比させられた形で社会実験でもさせられてるのかとさえ思わされるくらいの真逆ぶりです。

ヒトラーの言葉で「東方の国が壮大な実験場になる」というのがありましたが、それってまさに日本のことじゃないでしょうか?そんな気がします。実験されてるとしか思えない酷い数々の仕打ち。

日本は、隠れた二重三重課税は当たり前、税金を大量無駄遣いされ、年金はギャンブルとして消費され、国民のために使われてないのにさらに税金が上げられます。日本という国の異常さは、もはや隠しようのない事実となっているのを痛感します。


 

スポンサードリンク