日本人は議論ができない、反対意見があると人格攻撃に走る



日本だと、違う意見を投げかけると「敵」と思われてしまうから、様々な異なる意見を投げかけられず、議論ができず、そこから改善が生まれないんですよね。。

「ちがう意見=敵」と思ってしまう日本人には、議論をする技術が必要だ。

よく、「日本人は議論が苦手だ」と言われる。理由としては、協調を重んじる気質や自分の意見を言うのが苦手な日本人の国民性が挙げられることが多い。だが、それだけではない。日本人は、議論を通じて「対話」するのが苦手なのではないかと思う。

そう考えるようになったのは、Twitterで自分の記事に対する反応を見ていたときだ。記事への反応はさまざまで、賛同するものも反論するものもある。

だが不思議なのが、賛同意見は「共感した」「その通り」といったコメントが多いのに比べ、反論意見の場合「まぁこの人は○○だから」「どうせ××したことないんだろ」と人格への言及がほとんどセットになっていることだ。

反論意見は多くの場合、こういった人格への攻撃が伴う。

わたしへの反応だけではなく、他の人への反論コメントも似たようなものだ。

「ちがう意見=敵」と思ってしまうことが、「日本人は議論ができない」と言われる原因のひとつではないだろうか。

私もブログやツイッターで反対意見が来ることがあるけれど、嫌というほど人格攻撃のオンパレードです。

モラル礼節がともなった普通に丁寧な対応の反対意見であれば真摯に対応するけれど、人格攻撃なので対応できない。

また私自身も反対意見を述べる時は、そこには十分に気をつけて言っているけれど、逆に反対意見を投げかけるだけで「敵」とみなされてブロック等されてしまうこともあります。

リアル社会で人に接するのと同じく礼節を盛って反対意見を言うとか、「あ、この人は違う意見なんだな」と普通にスルーするかそればいいのですが、なぜ人格攻撃に走るんでしょうね。。(・ω・`)

61ca3b0553b6a487c0108515a435333b_s

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ