預金封鎖、実はすでにゆっくり始まりつつある…?



最近、ネットやリアルでもよく見かける・聞く話として、預金移動が難しくなってきているという話です。国内、日本から海外ともに。そういった経験談をよく見聞きします。

日本の銀行の預金封鎖は実はゆっくりと始まっている

海外に住んでいると日本の現状、問題点が良く見えてくる。

先日友人がアメリカで勉強している子供のために、日本の銀行からアメリカの銀行に送金しようとした。東京にある3メガバンクのうちの1つの国内支店からだ。目的は授業料や生活費の仕送り。アメリカで勉強すると今や600万円から700万円かかる。一年でだ。金額は200万円。この200万円をUSドルに換えてアメリカの銀行に送るという実に簡単なことだが1時間かかったそうだ。

銀行の窓口の女性から<目的は何? それを証明するものは? でも本当に必要なの?>と聞かれたそうだ。<私のお金だから私の自由でしょ。答える必要はないのでは?>と聞き返すと規則だからとにべもない返事。国民よりも銀行のほうが偉いのだ。しょうがないのでひとつずつ丁寧に説明して、結局許可が下りて無事海外送金ができたとのこと。

銀行預金は、すでに簡単には引き出せない

手元に現金が無くても、通帳と印鑑、あるいはキャッシュカードを銀行に持っていけば、すぐ引き出せる。そう思っている方が、多いのではないでしょうか?

実は、すでに銀行預金は、簡単には引き出せなくなっているのです。少額なら大丈夫ですが、例えば100万円を引き出そうとすれば、健康保険証、運転免許証など本人確認できる書類の提示を求められます。代理人が引き出そうとすれば、本人および代理人の書類が必要です。※ATMでは、1日当り50万円が引き出し上限。

三菱東京UFJ銀行のホームページには、

>「犯罪による収益の移転防止に関する法律」(以下「法令」といいます)の改正により、平成25年4月1日から、従来の本人確認(氏名・住所および生年月日等)に加え、お取引の目的やご職業等も確認させていただくことになりました(これを「お取引時確認」といいます)。(リンク)

とあります。どうやら昨年4月には、このような仕組みが出来たようです。

実際に、いくらから本人確認が必要なのでしょうか? 銀行に問い合わせてみると、「防犯上の理由で教えられない」とのこと。現金50万円なら(本人確認なしで)引き出せたので、50万~100万の間に線引きがあるようです。

預金封鎖の実施に向けて、着々と法整備が進んでいるのでしょうか?

名目上は「振り込め詐欺防止」「犯罪防止」とはなっていますが、プライベートなことである使途や理由まで聞かれなければいけない筋合いはありません。お年寄りに限らず若い方々であっても同じ。場合によっては上記記事のようとんでもなく待たされたり。

資金移動されたら困るから必死になっているように見えます。

銀行には預金者の預金がすべて置いてあるのではなく、ほんの少ししか置いてません。

少しの人数がまとまった預金を引き出すだけで、銀行側にとっては大変なことになるわけです。


 

「振り込め詐欺」の謎と怪しさ

また、以下は100%推測の域を出ないあくまで想像の話ですが、振り込め詐欺自体が、預金移動防止のためにセットアップされた自作自演である疑いさえ持ってます。本当に詐欺行為自体はされてるとして、自演が含まれているのではという疑いが(実は裏社会を通して犯人役が配置されているのでは、という)。

東芝の粉飾決算の金額の大きさ(1500億円超)や海外バラマキの額と比べると、振り込め詐欺の被害額(昨年で559億円)が小さいにもかかわらず、振り込め詐欺の方は膨大なコストをかけ、東芝の方は「不適切会計」などと言ってごまかし刑事罰も与えない甘い対応。

振り込め詐欺の振込先の口座情報を銀行側が突き止められないはずがないことも、大きな預金を持っている人の情報をつかめていることも不審に思ってました。

推測だけでまったく根拠はありません。しかし同じように勘ぐっている方々はいました。以下は元警官の方とのこと。信ぴょう性はともかく、動機が自分と似ているのを思いました。

他にも。

(↑補足:被害額は昨年のデータだと559億円)

以下はまた別の変わった見方ですが…。

こういったことも。

おそらくここにあげたこれら一連の見方がずばりビンゴだと、自分も思ってます。「普通に考えておかしくないか?」という感覚。帳簿上も不自然。ただ、怪しさ満載でありながら自作自演であることを正式に証明できる手段がない。それが悔やまれます。

「東京に金持ってきて」上京型詐欺”男逮捕 ~振り込め詐欺は、NWO戦略なので中枢には決して切り込みません。

この数字を見て分かるのは、支配者層の戦略でなければ、ここまで多額のお金が毎年動きませんし、振り込め詐欺が支配者層の戦略であると言うことは、その撲滅を謳っている警察自体もグルなわけです。

年間380億円もの金が、支配者層の思惑と反する流れで起きたり、反NWO勢力に流れていたら、即、内戦が起されるでしょう。

そして今回の報道では、「グループが少なくとも1700万円をだまし取った」と言っていることから、年間被害総額から比べれると超小額であり、振り込め詐欺の中枢にはなんらメスを入れていないと言うことです。

相当な規模の組織レベルでないと、これだけの振り込め詐欺金額と件数は生まれないと思うんですね。いくら高齢の方とはいえ、1本の電話で息子の声も聞き分けることもできずに大金を動かす?認知症などでわからない?でもそれなのにちゃんと振り込みができるわけですよね?

10、20万円程度ならともかく。件数も多くて数百億円規模。。そんなに多くの金額が、自分の息子と間違えて怪しげな電話で本当にひっかかってしまうのか?中にはいるかもしれないけれどあまりに多過ぎない?

不自然さからの感覚においては、預金移動を防止するためのでっち上げに見えてなりません。単なる推測と疑いでしかないので、真相は突き止めようがなくわかりませんが。しかし…

資金移動が難しくなっている

これだけは、今、動かせない事実となっています。

これまでにも、システムダウンと言う名において実際に資金が動かせなくなる事実上の封鎖もあったわけです。たとえ偶発的としても、結果として預金が動かせなくなった。勘ぐれば、今後もシステムダウンという名の封鎖が再びあり得るかもしれません。

そして本来は、自己責任によるリスク管理・危機管理のはずが、もうそれはそれはあちこちでくどいくらいに振り込め詐欺防止を宣伝しまくるほどの必死感。さまざまなメディアや広報や芸能人や、これでもかってくらいに撲滅撲滅と言ってる様子見て、ここまでするのかという違和感。先日はラジオでも延々と言ってました。芸能人も起用。

波田陽区さんら、高円寺駅前で振り込め詐欺イベント

これがどちらにせよ、やっぱり銀行預金がおろされることが相当まずい感じがする、危機的なのは事実と思います。実際に日本で預金封鎖が実行された過去があり、実績があります。ギリシャ等の例もあるし、いきなり預金封鎖とかはまったくあり得ない話ではないと思います。

gatag-00007546
 
 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク