Gacktさん、マレーシア・クアラルンプール(KL)から「狂ってる」




私のいるマレーシア・クアラルンプール(私は郊外)に住んでいるGacktさんが生中継でマレーシア・クアラルンプールから場組に中継出演したというので見てみました。

以下、番組のYoutube。Gacktさんとともにフランス・パリ在住の辻仁成さんも出演されてました。

都内の公園(世田谷公園)も激混みだったとのことだし、「狂ってる」と言いたくなるのも理解できるなーと思いました。

東京世田谷公園・新型コロナ感染拡大の中、人混みで激混み

政府に対して言っているのではない、というコメントも後から出ていましたが。。

2020-04-20_1522

ただ、私は、彼の言うことは半分は同意で、半分は非同意なんですね。

彼と意見が違う「半分」というのは、日本国民は納税をしている上に有権者なので、税金を払っている以上、政府の対応がもし、今回のようおかしかったり馬鹿げていたり、ちゃんとやっていない場合は、ちゃんと声を上げて批判すべき、という点です。

韓国然り、政府がちゃんとした対応をしている国は、政府の不正義に声をあげて、民主主義を勝ち取っている国なのですよ。Gacktさんは有権者で納税者であればそこも理解する必要があるし、そこに触れる社会的責任もある。有名人ゆえ政府に忖度している、というのでない限り。(あ、日本に税金払ってないんでしたっけ)

なぜなら、それが民主主義。

おかしいことや間違ったことを、おかしい、間違っていると声をあげることは、民主主義である以上、納税している以上、国民の権利そして責任だからです。

ただ私は、政府に全依存するのも違うと思うので(全依存するということは、コントロール権をすべて受け渡す=自分たちの自由を失うということ)、そこは、Gacktさんに同意ですね。

声をあげたら後は自分は自分たちを守るためにどうすべきか、自分で考え自分で行動することでしょう。余力があれば他人を助けることも、ですね。

優先事項は、自分が元気に健康に生き延びること。自分がコケたら人を助けることもできません。

そう思いながら、マレーシアで活動制限令(ソフトロックダウン)下の日々を過ごしています。もうまる1ヶ月がたちました。

早い収束を願うばかりです。