[情報統制] 消されたくないサイト記事はウェブ魚拓などで保存を

スポンサードリンク



Web魚拓の「過去の魚拓」機能が停止されるという内容が出ていましたが、「過去の魚拓」機能が再開されたようです。

私もウェブ魚拓を活用していてこれまで助けられていました。キャッシュの保存と閲覧は変わらず閲覧できていた状態でしたが、元に戻ってよかったです。

ウェブ魚拓

gyotakushot

「過去の魚拓」機能を再開しました

ご利用ありがとうございます。ウェブ魚拓です。

停止致しておりました「過去の魚拓」機能ですが、再開する準備が整いましたので再開致しました。

理由は下記の通りです。

 1. 本機能の管理部分を削除機能と一元化したことによって、忘れらる権利含む諸々の権利に現実的な対応が可能となったため

 2. 機能をご利用戴いていた方々からの再開のご要望があったため

1. に関しましては訴える人自体すくなく、大手検索サービス等でも対応されていない事があり、今後を注視していき、慎重に判断していく次第です。

ご愛用して戴いておりました方々には長くお待たせすることとなりまして申し訳ございませんでした。以上よろしくお願い致します。

 

消されたくない内容のサイト記事ページは保存を

日本の大手メディアのサイト記事はすぐに削除されてしまいます。NHK、Yahoo、産経、朝日、等々、ほとんどの大手メディアサイトで一定期間がたつと記事が消えてしまいます。

海外サイトではこのようなことはないのに、なぜなのでしょうね。BBCなんて10年前とかの内容でさえ見られます。

せっかくお気に入りにしても、サイト記事が削除されてしまっては見ることができなくなってしまうので、ウェブ魚拓やその他のサービスでサイトを保存しておくことをおすすめします。

15863b89d0b030e369990dab231c4d5f_s
 

サイト記事ページを保存できるサービス一覧

前述の「ウェブ魚拓」の他、いくつかサイト記事内容を無料で保存できるサイトがあるので、こちらに一覧にしておきます。

「ウェブ魚拓」以外は英語のサービスですが、URLを入れるだけなので(4つ目のサイトはメールアドレスも)すぐわかると思います。

ウェブ魚拓

Peeep.us

Weyback Machine
(Save page nowの箇所)

WebCite
 

すでに消されてしまったサイトを見る方法

保存しておらず、見たい記事がすでに消えてしまった!

そんな時も、該当URLがわかっていればGoogleの「キャッシュ」から見ることが可能ば場合があります。

消されてしまって見れないサイトがGoogle検索で表示された状態で「キャッシュ」をクリックすると、消される前の状態がキャッシュされている場合に見ることができます。(以下は即席で作った見本画像です。ピンクの◯部分)

cashexample
 

Evernoteに保存する方法

2016-03-10_1641

Evernoteに該当のサイトページをコピペで保存する方法もあります。そうするとサイトが削除されても、スクラップのような形で内容を保存することができます。

Evernoteの「Webクリップ」という機能が役立ちます。

Evernote Web クリッパーをぜひご活用ください!

いかがでしたでしょうか。大事な内容は消える前に保存する癖をつけるといいですね!(^_^)
 

スポンサードリンク