貧困家庭支援「子ども食堂」無料で夕飯 自身の過去と重なる姿

スポンサードリンク



最近、ひとり親家庭などの貧困家庭において食べるに困っていることを伝える記事やツイートを見る機会が本当に増えてきたように思います。

「ティッシュって甘いんだよ」幼い姉妹、母と空腹の日々

n-POVERTY-SINGLE-MOTHER-large570

(写真は記事より)

白飯、サラダ油、しょうゆ。

2年前に生活保護を受けるまで、長野県に住む女性(30)の食卓に、しょっちゅう並んだ献立だ。ざっくり混ぜて食べると、油のコクで空腹が満たされる気がした。最初はツナ缶の残りの油をかけていたが、缶詰は買えなくなった。長女(9)と次女(8)は「おいしいよ」と食べた。

おなかをすかせた2人は当時、女性に隠れてティッシュペーパーを口にした。次女は塩をふってかみしめた。「ティッシュって甘いのもあるんだよ」。後になって長女が教えてくれた。いい香りのするもらい物のティッシュは、かむと一瞬甘いという。

そんな困窮状態になっても、周囲に「助けて」とは言い出せなかった。

2010年、夫の暴力に耐えきれず家を出た。派遣社員として工場で働き、月収は多くて15万円ほど。だが、うつ状態で休みがちになった。収入は落ち込み、光熱費を滞納し始めた。

夫から「役立たず」「ダメなヤツ」と罵倒され続けてきたことで、「自分がすべて悪い」という心理状態が続いた。夏でも窓を閉め切り、買い物に出かけるのもためらった。

国民健康保険料を滞納したために呼び出された役所では、「収入10万円でも払っている人はいるんだ」と職員に言われた。ぜんそくの長女が風邪をひき、手持ちがないまま訪ねた薬局で、「後日必ず払います」と懇願したが、「慈善事業じゃない」と断られた。

親類や知人も生活は苦しく、「甘えるな」「節約したら」と言われた。「人を頼っちゃいけないんだ」。そう思い込んだ。

2012年暮れ。次女が風邪をひいた。この状況を何とかしなければと訪れた病院で、小児科医らに生活保護を勧められた。だが役所では、うつだと話しても、「もう少し働いたら」と何度も促された。「やっぱり頼っちゃダメなの」。申請をあきらめた。その後、クレジットカードのキャッシング(借金)を繰り返したが、数カ月で返済が滞った。

13年12月。電気の止められた部屋で、野菜の切れ端が入った薄い雑炊を3人で1杯ずつすすった。ろうそくの炎を見つめるうち、長女から「死んじゃうの?」と聞かれ、決意した。

あのときの小児科医に助けを求め、福祉相談に応じている病院の職員に付き添われて生活保護を申請。うつが悪化し、就労は困難だとして認定された。

今は月18万円ほどで暮らす。前は何も欲しがらなかった長女や次女が、「マック食べてみたい」「弁当にから揚げ入れてね」と言うようになった。

女性は振り返る。「周囲の厳しい視線を感じて殻に閉じこもった。周りの人もがんばってるんだから自分だけ助けてって言うのは恥ずかしく、なかなか言い出せなかった」

小児科医がこの母子に付き添って生活保護申請のサポートをしてくれたことで助かりました。1人で行った時は拒否されていたのです。信じられません。

母子家庭というだけで大変なのは瞭然なのに、病気(うつ)だと話しても拒否するとは何事でしょう。役所に何の権限があって独断でそういうことをするのか、怒りでいっぱいです。

しかも管理人の出身県の長野。自分の子どもの頃と少し重なってしまいます。私も親が離婚し、父親には生活費も将来の学費もすべて新興宗教に使われてしまい、貧乏には本当に苦しみました。そして隣近所は見て存ぜぬでとても冷たかったというのも、この母子と一緒…。(両親の離婚前、祖母が生きていた頃はまだ少しは余裕がありました。その後に転落)

こんなことを書くのはとても恥ずかしいのですが、当時住んでた家では天井の一部が剥がれ落ち、床も外れて地面へ板がぶら下がっていました。まともに家の中で歩けないボロ家で暮らしていました。

ランドセルはネズミにかじられてしまい、赤いマジックで塗っても隠せるはずもなく同級生にからかわれ。「すごいボロ家に住んでる」と噂になってしまい、同学年の子たちが次々に私の家を見にきていたのです。顔もネズミにかじられました。

あまりに耐えられず、当時唯一の理解者だった同級生の家に入り浸ったり泊まったりしていました。同級生のお母さんがご飯を出してくれました。深夜遅くまでいる私に決して「帰りなさい」などと言いませんでした。今思えば、察していたのだろうと思います。

中学生になってからは、冬休み、夏休みは、スキー場(夏は高原)の民宿で住み込みのバイトをしていました。高校も奨学金、行きたい大学は遠方になるためにお金理由で諦めました。高校は進学校だったにもかかわらず。

総額を計算し、自分でなんとか借金を返していける、バイトしながらやりくりできそう、と判断してやっと行けたのが2年の短大でした。

大人になった今でこそ、すべてを水に流すことができ、あの経験が自分を成長させてくれたのだと言い聞かせることができていますが、子供時代は本当に辛い時を過ごしました。

私は芯が強いと思うのでくじけずに来られたものの、他の子だったらどうだっただろうと思います。ただ私自身も、自分で気づいて自分を癒すことができるまでの間は、「なんでも悲観的に考えて自分を否定してしまう」という大きな傷を背負ってしまったように思います。

もう、貧困に苦しみ辛い思いをする子供たちがこれ以上出てきてほしくないです。

この国の政府は貧困問題を予算で解決するのではなく「寄付」などと言い出しました。国民が払っている血税はバラ撒いて。馬鹿にするにもほどがあります。

しかもその「寄付」は、たったの300万円。大企業などからの寄付はなく、知らぬ存ぜぬです。これが日本という国の本質ですね。

嬉しいニュースとして、貧困家庭の子供たちの食事を支援する「子ども食堂」が登場しました。

自分が直接かかわって支援する行為ができず申し訳ない気持ちでいっぱいですが、せめてこういった嬉しい取り組みなどはこの場を使って発信していきたいと思っています。

夕食支援は月に2回とまだ少ないので、もっと増えていくこと、そして他にもこういった支援ができていくことを願ってやみません。

ご近所を満腹に「こども食堂」 貧困家庭支援 無料で夕飯

日本では今、子どもの六人に一人が貧困状態にあるとされる。ひとり親家庭では、親が夜遅くまで働いても収入が少なく、満足な食事を与えられない子どもも多い。

そんな子どもたちが一人で来て、無料で夕飯が食べられる「せたがやこども食堂・みっと」が、東京都世田谷区にオープンした。地元の女性グループが月二回運営し、子どもたちは大家族のような温かな雰囲気の中、食事を楽しんでいる。

「ご飯炊けるまで待っててね。待って食べるご飯はおいしいよ」「次のおでんの具はロールキャベツにして」。十一月下旬、食卓を囲んでメンバーと子どもたちの会話が弾んだ。

この日のメニューはハンバーグ、サラダ、コーンスープ。漬物やパウンドケーキは近隣住民からの差し入れだ。小突き合いを始めた低学年の男の子二人には、メンバーが「はい、座って食べようね」と促した。

こども食堂は毎月第二・第四木曜日の午後三時から八時まで、東急世田谷線松原駅近くで開く。運営メンバーは、料理サークルや屋上緑化など地域活動を通じて知り合った五十~六十代の女性六人。「子どもの貧困を報道で知り、目の前の子どもたちを助けようと集まった」と代表の村上由美さんは言う。

食事前には、区内の日大文理学部の学生が、子どもたちの遊び相手をし、勉強を教える。高校生までの子どもや保護者らの利用を想定しており、夕食は高校生まで無料、大人三百円。食堂名の「みっと」は「みんなで、一緒に、楽しく、食べよう」の頭文字「mitt」から名付けた。

開設に先立ち、近くの小学校二校、中学校一校、高校一校を通じチラシを配布して来場を呼び掛けたところ、十一月十二日の初回は子ども二十四人、大人十六人が訪れた。親子連れ、中学生の友達同士、保育園児の妹を連れて二人で来た小学低学年の男子もいたという。

世田谷区は比較的裕福な地域とされる。「でも、給食以外はなかなか口にできない、ひとり親の帰宅が遅く居場所がない、という子どもはいる」と、地区の主任児童委員蒲生恵美子さん(63)。チラシを託した学校の校長からも「学校は家庭の状況まで踏み込めない。地域で支えてくれるのはありがたい」と期待されているという。

食材は寄付や差し入れなどでまかなっている。「地域の大人や近隣の商店を巻き込みながら、子どもたちが安心して楽しめる場所を目指したい」と村上さんは話す。

 

スポンサードリンク