マレーシアでおすすめの携帯SIM「Hotlink」(Maxis) と購入方法



今回私はマレーシアのクアラルンプール国際空港の第2ターミナル(KILA2)で携帯電話のSIMを購入しました。ちなみにKILA2はAirAsia(エアアジア)専用ターミナルです。
 

携帯SIMとは?

知らない方のために書くと、SIMとはその国で携帯キャリアを使って通話やネットができるできるチップで、携帯電話に入れて使います。SIMには携帯電話番号がついており、それを携帯電話番号として使います。

このSIMを使うには、携帯電話本体が「SIMフリー」携帯電話であることが必要です。残念ながら日本の一般の契約携帯電話(docomo, au, ソフトバンクなど日本のキャリア)は、「SIMフリー」ではなく、「SIMロック」がかかっています。

海外でSIMを入れて使うには、あらかじめ日本のキャリアにおいてSIMロック解除手続きをするか、またはSIMフリー対応になった携帯電話を入手することが必要です。確実なのは後者です。

私はアメリカで買ったNexus4(SIMフリースマホ)をずっと使っているため、そのまま差し込んで使えました。

機能等を求めない、いわゆるガラケースタイルの電話なら、現地で比較的安価に買えることでしょう。また以下「Hotlink」では、SIMフリースマホとSIMのセットも販売しているようです。
 

KILA2ゲートを出て歩いていくと目の前にある「Hotlink」(Maxis)

KILA1についてはどこにあるかまだわからないのですが、KILA2だと到着ゲートを出たところに各携帯キャリアの売り場があります。

この風景の免税店が見えてくるとまもなく到着ゲート出口。

DSCN1866
 

到着ゲートを出て歩いて行くと目の前に「Hotlink」「Maxis」と書かれた赤い店舗があります。ここで購入しました。

hotlinkkila2
 

期間を聞かれるので答え、パスポートを提示して購入、店員さんがセットしてくれる

英語は超簡単にぶっちゃければSIM pleaseとかでも通じると思います。

購入にあたっては、事前にいろいろなネット情報を調べていたので、このHotlinkを買うつもりでいましたが、すぐに見つかったので助かりました。

入って行くと、店員さんから見てこちらが旅行者とすぐわかるのでスムーズにすすめてくれます。まず期間を聞かれるので、私は「1ヶ月くらい」と答えました。

店員さんも手馴れているので、おそらく期間を言うことで、そこから推測するぴったりなデータ通信量がついたSIMをおすすめしてくれるのだと思います。期間と使いたいデータ通信量を言うと早いかと思います。

私はネット・データ通信をメインで使いたく、通話をする予定はほとんどなかったので、定額料金でネットをたくさん使えるものが希望でした。

提示されたのが、昼間1.5GB+夜間1.5GBのデータ通信が30日使い放題があらかじめついているSIMでした。価格は約50リンギット(約1,400円)。

以下のプランと同等のものだと思われます。

hotlinkrm30
 

そして上にもFree social chatとありますが、どうもSNS(Twitter, Facebookなど)は無料で使えるようでした。

このHotlinkのSIMを買った結果、私には大正解でした!

他のキャリアもありますが、このHotlinkが一番評判が良いと思います。本当に繋がりがよかったです。テザリングすることでPCでの利用もかなりしましたが、それでも終わりませんでした。

hotlinksim

もしすべてデータを使い切ってしまっても、またチャージしてプランに申し込むことで再度使えるので安心です。これはまた別記事でまとめます。

なおマレーシアではSIMの購入にパスポートの提示が必要です。
 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク