元NHK五十嵐さんが命をかけ伝えたかった人工地震の真実?



(しばらく更新を休んでおり失礼しています。過去に消失した記事のバックアップを整理しており、適宜修正を加えた過去の記事を再アップしています)

以前「封印された1944年の東南海地震~やはり人工地震か」という記事を書きましたが(※管理人注:こちらも再アップ予定です)、この番組を制作したのが、なんと先日不審死をしたNHKの元アナウンサー、五十嵐さんだということがわかりました。

NHK元アナ夫婦?死亡 東京・大田

10日午後0時半ごろ、東京都大田区上池台のNHK元アナウンサー、五十嵐忠夫さん(75)方で、高齢の男女が死亡しているのを、警視庁田園調布署員が発見した。同署は、死亡したのが五十嵐さんと妻、栄子さん(76)とみて、身元確認を急ぐともに、司法解剖して詳しい死因を調べる。

同署の調べでは、男性は1階の廊下に、女性は2階の部屋の床に横たわっていた。2人に外傷はないという。発見当時、玄関や窓は施錠されており、室内に争ったような跡はなかった。

同署によると、五十嵐さんは2人暮らし。五十嵐さんの勤め先から同日、「連絡が取れない」と届け出があり、駆けつけた署員が室内を確認したところ、遺体を発見したという。

報復暗殺の可能性−911について報じたNHK長谷川さんも不審死

仮説に過ぎませんが、人工地震の証拠となる番組を放送したことで、報復として暗殺された可能性を非常に疑っています。

報道関係者の変死には、必ずと言っていいほどそこに何かが隠されていることが多いです。911について検証をしようとしたNHKの長谷川さんも、不可解な死を遂げてしまいました。

(以下は、五十嵐さんが制作したという番組の中の証言)

igarashi1

igarashi2

igarashi3
 

「地震の次は何をお見舞いしましょうか」
 

以下、動画でご覧いただけます。

東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ

米軍B29から撒かれた毛筆で書かれたビラ「地震の次は何をお見舞いしましょうか」は、明らかに彼らが意図的に起こした人工地震であることを、如実に物語っている。

 

日本では「トンデモ」扱いにしかされない

NHK人工地震番組放送に対する報復なのでしょうか?

そのことに触れた公人や有名人は私の知る限り、浜田和幸政務官のみです。

「人工地震津波兵器は国際政治軍事上の常識!浜田復興担当政務官」

国際軍事上の常識!以下も実在する公的文書ですね。

日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦(米国OSS機密文書)

oss-title -02

日本人の間に集団ヒステリーとパニックを起こすのに大きな歴史的役割を果たしてきた2つの顕著な要素がある。それは、「火事」と「地震」である。

この2つが経済的にひどく追い詰められた時に起こると、その後に社会的混沌が続いた。今や我々は、経済的な問題が既に日本国内に存在することを知っている。

また「火事」は、現在我々の大規模な爆撃により適宜起こされている。

今我々が利用すべきものが一つだけ残されている。それは「地震」である。

1923年諸君の国に大損害を及ぼした彼の大地震を記憶してゐるか。米国はこれに千倍する損害を生ぜしめる地震をつくり得る。

かくの如き地震は二トン半乃至四トンの包みにして持って来られる。これらの包みはいづれも数年間をかけた苦心惨憺の賜物を二、三秒間内に破壊し得るのである。

米国式地震を注目して、この威力が放たれた際に大地の振動を感知せよ。

諸君の家屋は崩壊し、工場は焼失し、諸君の家族は死滅するのである。

米国式地震を注目せよ―――諸君はそれが発生する時を知るであらう。

「日本本土への地震兵器による心理的軍事作戦」 p.10/14より抜粋

B29 flyer 021
 

以下は人工地震の実験関連の新聞記事。今はこんなこと報道されませんが、過去はされてたのですね。

(元ソース:人工地震の歴史を振り返る その3 ~読売新聞戦後紙面より~

20110406094834a9b

2011040609461397d

20110406094217275

20110406094218059
 

この他、地中に空気や水を注入することで起きる誘発地震についてもメカニズムが解説されています。

いずれにせよ、物理的に可能なのがわかります。ところが、これを軍事技術として兵器として使うことなどありえない、とそこで思考停止してしまう人が多数なわけです。
 

五十嵐さんの死を無駄にしてはいけない

これ以上の汚い真似をさせることは、もう絶対に許されてはなりません。

五十嵐さんは、命をかけて、伝えたかった真実を放送をしてくれたと思っています。私たちは気づいて覚醒しないといけない。五十嵐さんの死を無駄にしてはいけない。報道関係者でない私達ができることは、このことを拡散し広めて伝えていくことだと思っています。

五十嵐さんの死を無駄にしないためにも、このことをぜひ拡散して広めていただくことが覚醒に繋がると思っていますし、隠された真実を知ること、伝えていくことが必要だと思っています。
 

参考動画など

以下の動画にある考察はすべて正しいとは思っていませんが、状況証拠を集めたものとして、大きな参考になることと思っています。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク