ISISパキスタン人幹部、米国からの資金援助を告白



いわゆる陰謀論のサイトではなく、メディアの公式サイトに出ていた内容です。ニューヨークタイムス系。ISIS(イスラム国)パキスタン人幹部、米国からの資金援助を告白した模様です。

どこまで本当かはいつものごとくわかりませんが、1つの参考材料として。

ISIS(イスラム国)のパキスタン人幹部が、米国から資金援助を受けていることを告白している
Georgeさんより

ソースのTribune (International NY Times)

(要所抜粋します。訳文は下部)

ISLAMABAD: Yousaf al Salafi – allegedly the Pakistan commander of Islamic State (IS) or Daish – has confessed during investigations that he has been receiving funds through the United States.

“During the investigations, Yousaf al Salafi revealed that he was getting funding – routed through America – to run the organisation in Pakistan and recruit young people to fight in Syria,” a source privy to the investigations revealed to Daily Express on the condition of anonymity.

Al Salafi is a Pakistani-Syrian, who entered Pakistan through Turkey five months ago. Earlier, it was reported that he crossed into Turkey from Syria and was caught there. However, he managed to escape from Turkey and reached Pakistan to establish IS in the region.

Sources said al Salafi’s revelations were shared with the US Secretary of State John Kerry during his recent visit to Islamabad. “The matter was also taken up with CENTCOM chief General Lloyd Austin during his visit to Islamabad earlier this month,” a source said.

Al Salafi also confessed that he – along with a Pakistani accomplice, reportedly imam of a mosque – was recruiting people to send them to Syria and was getting around $600 per person from Syria.

“The US has been condemning the IS activities but unfortunately has not been able to stop funding of these organisations, which is being routed through the US,” a source said.

“The US had to dispel the impression that it is financing the group for its own interests and that is why it launched offensive against the organisation in Iraq but not in Syria,” he added.

ISのパキスタン幹部であるYousaf al Salafi氏は、アメリカを通して資金援助を受けていることを捜査時に告白しました。

「ISがシリアと戦うために必要なパキスタンにおける若者のリクルート費用として、アメリカ経由の資金援助があったことを彼は捜査中に明かした」と、捜査にける関係者筋が匿名を条件にDaily Expressに明かしました。

Al Salafi氏はパキスタン系シリア人であり、5ヶ月前にトルコ経由でパキスタンに入国しました。それより先に、彼はシリアからトルコに入国しようとした際に、そこで捕まったことが伝えられました。しかし彼はトルコから脱出することに成功し、ISの設立のためにパキスタンに辿り着きました。

Al Salafi氏の暴露はアメリカ国務長官のジョン・ケリーが前回イスラマバードに訪れた時に伝えられました。「そのことについてはCENTCOMの幹部のLloyd Austin氏が今月始めにイスラマバードを訪れた時にも話に出ました」と情報筋は明かしました。

Al Salafi氏は、モスクのイマームとされるパキスタンの共犯者とともにシリアに送り込むため人々をリクルートしており、1人獲得するごとにシリアから600USドルを得ていたと告白した。

「アメリカはISの活動を非難しなあらも、あいにくそれら組織へのアメリカ経由での資金提供提供を止められなかった」と情報筋は明かしました。

「アメリカは自分たちの意向で組織に資金提供をしており、ゆえにシリアではなくイラクで組織に対しての攻撃を始めた、という印象を払拭しなければならなかった」と彼は付け加えた。