311地震は我々が教えられたものと全く違う-ジム・ストーン氏



前回記事の続きです。今回の訳文は、HPに記載されたものをそのまま引用していますが、必要なところは補足、不必要なところは消して簡潔にするなどしています。


逮捕されてしまったジャーナリスト ジム・ストーン氏のサイトより


The quake was not what we were told. In fact, the quake was a bold faced lie, packing a political agenda.

311地震は我々が教えられたものと全く違う。事実、今回の地震は、オクメンなき『嘘』。地政学的傑作!

There is even more proof now, and it goes beyond the linked Japanese chart.

上記英文青字リンク先にリンクして日本発表の震度地図を見てほしい。

This original seismic data is the smoking gun, however, I have something better.

この日本側の地震データは現場に残された決定的な証拠だ。しかし私の手元にはもうちょっとマシなものがある。

I finally suppressed the urge to vomit and analyzed the lies told by the USGS, and from them wrote this sad, sad story about how it really was, not what you will see in the video.

ずーと我慢して来た反吐が出るおもいを堪えて合衆国地理院が提供するウソを分析することにする。そして、皆さんがヴィデオで見るものでなく、本当は何が起ったのかについて、悲しい悲しい心底悲しい話をしなければならない。

Keep in mind that precise top speeds of flying debris cannot be determined with accuracy, but this story will at least be close to the numbers put out by the USGS.

911の超高速で飛び散ったとゆわれる飛行機の残骸を正確に確定はできないけれど、少なくても今回のケースは米国地理院の提供する数値に近い。

he people in the newsroom did not die, this story is what would have happened if the USGS charts were true. 

ご覧下さい。ニューズルームで仕事していた人々は死んでなかったのです。米国地理院のチャートが真実なら当然彼らは死んでいなければならないのです。

(ここからはM9が起こった場合の仮定の話だと思います。そしてニューズルームというのは報道デスクと訳せることでしょう)

Meet Atsuo, Airi, and Akiyoshi. They were all the best and most dedicated people at the NHK newsroom, in Sendai Japan. Akiyoshi loved Airi, and Atsuo was the one who introduced them.

それではアツオ氏、アイリさん、アキヨシ氏を紹介します。 彼らはNHK仙台支局の優秀な職員で献身的に仕事をしています。アキヨシ氏はアイリさんを愛しています。アツオ氏がこの二人を紹介してくれたのです.

Unfortunately, all 3 died in the quake.Akiyoshi got a severe cut and bled to death when he hit a display screen behind him at 44 miles an hour, and was then thrown out through a hole in a collapsed wall. Airi followed pretty much the same path, and died beside him in the rubble.

不幸にもこの3人は死にました。アキヨシ氏は時速60キロで後方から飛んできたモニターに打たれて出血多量で死亡、崩壊した壁の穴から放り出された。アイリさんも同じようにしてガレキのなか彼の側で死にました.

Atsuo flew through the open door behind him, then crashed through a window and was crushed when he landed in a massive seismic crack in the road, which closed in on him. 

アツオ氏は、後ろの開いていたドアから放り出され、窓に激突、道路に口を開けた巨大な大地の割れ目に投げ込まれ、そして大地は閉じたのです.

Others in the newsroom died also, but I never thought up names for them.

ニューズルームにいた他の人々もみんな死にました。無名のまま。

At least, according to the official USGS charts. 

少なくとも、米国地理院発表の”公式 ”地震波動チャートにもとづけば、これぐらいのことは起るはずなのです。

The laser printer was never found, but the table it was on ended up on top of the rubble, smashed to pieces, where one of the few survivors used a piece of the metal frame to splint his broken leg.

レーザープリンターは発見されませんでした。机は粉粉になって瓦礫の山の上にありました。瓦礫の山の上では、生存者が骨折した足に机の足をくくり付けていました。

(管理人:仮定ここまでの模様。以下画像はクリック拡大)

Chart prepared by Erol Kalkan, Ph.D. USGS, Official Release.

米国地理院公式発表エロール・カルカン博士作成

According to these chart, every one in the room hit the East Wall at 44 MPH, and then bounced to the South at 28 MPH. Every one died. 

このチャートにもとづくなら、部屋の全員は時速60キロで東の壁に激突、それから時速28キロで南の壁にバウンス、全員死亡確実。

The leaser printer, AFTER those “graphs” !!??!!  ONE HAPPY PRINTER!!

このグラフが示す地震でレーザープリンンターが健全と!!?!!なんというハッピープリンター!

The video below is the one I pulled the frames out of for the sad, sad story. It is a video of a newsroom at the hardest hit area in Japan, and it SAYS IT ALL. This is when the quake was happening live. They are alarmed there is an earthquake, but most people stay seated in their chairs. 

下のビデオは、日本であの時、最も強く揺さぶられたはずの仙台のニューズルームの生ビデオです。いいですか、M9の震源地の真近ですよ。M⑨ですよ!たいしたことないですね。ぴんぴん。部屋もみなさんもご健在。私の悲しい悲しい話の筋書きの中核です。

Some people even keep typing on their computers as the quake happens.

地震が起っているのにみんなコンピュータ打ってる!!!!

Also, note that most of the stuff stays on the desks, at the end, a laser printer is still sitting on a cheap table, ect. some things fall but things return to normal quickly.

よくご覧下さい。ほぼ全員各自のデスクに座って仕事をしています。プリンターも部屋の片隅の安物の机の上に鎮座していますね.棚や机から落ちたものはすばやくもとにもどしてますよね。

all the while the English announcer is reading a script of devastation with all the pep of some paid fool who does not believe what he is saying in a cheezy infomercial.

一方、お聞き下さい。英語のアナウンサー。連中は金をもらって、信じてもいないことをペラペラ台本どうりに根拠の無い被害状況を調子良くしゃべるんです。

The quake was significant, but only in a 6.0 sense, as recorded by the seismographs.

確かに地震はそれなりのものでしたが、6.0程度です。地震計が示すと通りです。

This is important footage, because it proves the earthquake measured at a 6.8 was an instrumentation based richter reading.

これは、とても重要な映像記録です。6.8と記録された地震はレクタースケール(マグニチュード)で計測さてたものであることをしめしています。

Confusion between the Shindo and Richter scale is being used to cover this up.

震度とレクター(マグニチュード)の混乱が真相隠蔽のために使われているのです。

I chose this video because it’s location is documented to have been the worst affected, and was recorded in a news room with a known fixed location.

私がこのビデオを証拠として選ぶのは、被害の最もひどかった場所として報じられたところだからです。ご丁寧にも、都合良く、ニューズルームのなかであり固定カメラで撮られています。

This video gets deleted off youtube occasionally, if it does not work check back later and I might have re-linked it.

このYouTubeビデオはしばしば消されますが、私も負けずにアップロードし続けますので、また後でクリックしてみて下さい。

Remember that this video is proof of what really went on.

このビデオは実際何がおこったのかをしめしています。

This means there never were significant aftershocks, never was a natural tsunami, and if they lied about that, what else?

このビデオによればぶり返しはいっさいありませんでした。自然発生の津波はもちろんありません。彼らが嘘をついているなら、次はなんでしょうか?

This video is pivotal and vital to exposing the truth.

このビデオこそ、真実を露呈するのに鍵となる強力な証拠です。

Sure there was a quake, but at this newsroom it was not much over a six if it even was a six.

地震が発生したのは事実です。しかしこのニューズルームの揺れは6をこえません。まあ6と言ってもいいですがー

I chose this video because the news room is within eyeshot of station MYG012, which was used by the USGS to make these graphs which represent an 8.8, as was stated in this (English) newscast and was probably used as a guide to fudge the lie due to the closeness of the newsroom to the seismic station.

私がこのビデオをつかうのはもう一つの理由はこのニューズルームからは地震観測地点(MYG012)が手に取るように見えるからです。そして合衆国地理院もこのここです8.8を演出するグラフをねつ造したのです。このアメリカ人のニューズキャスターが述べているように、そして多分、ニューズルームと地震観測所の距離的近さからして『嘘』の上塗りにはうってつけだったのだ。

Looking at these charts, it is super easy to get a rough guess at how fast people would have flown. 44MPH to the North, and 28MPH to the East.

チャートをみてみよう。これを見れば人々がどれだけの速度でどっちに吹っ飛んだか 誰にも超簡単に分かるようになっている。つまり私が書いた物語のようにように、北に時速60キロ、東に時速30キロと言う具合.

Those are not precise numbers but the charts are proven wrong by the video because according to the charts people should have entered uncontrolled flight. 

数字が正確でないことは当然としても、チャート自体がビデオによって否定されているわけだです。なぜ? チャートが正しければ、当然人間は吹っ飛んでなければならないはずですから。

Here is the full chart put out by the USGS Of course, they offer no reading from MYG011, which was closest to the 9.0 “epicenter” by a long shot, because it only got a 5.63’s worth of shaking. I will do that work for them. That map is below. 

勿論のことながら、彼らは『震源地』にもっとも近いMYG011観測所のデータは発表しかせん。何故か? 計測値はたったの5.68だったのです。彼らにかわって私が説明しましょう。下の地図をご覧下さい。

I challenge ANYONE to send me pictures of this quake showing me devastation in an area not hit by the tsunami.

どなたでも結構です。津波が来る以前に今回の地震で崩れた家やビルがあったら是非教えて下さい。(東北大学の皮肉にも建築棟が倒れた。他は大丈夫。ガラスいっぱいのメディアテークの天井が落ちたがガラスは一枚も落ちてない。世界一最先端の正常ならざる構造もOK. -訳者)

All we have, all the pictures are tsunami damage. Let’s see pictures of quake damage.

これらの写真で見る限り被害は全て津波によるものであって、地震によりものではありません。地震被害の写真を見てみよう。

The Kobe quake was a 6.9/7.2 depending on source. That makes this quake, at a 9.0 100X as powerful.

神戸震災は6.9もしくは 7.2です。仙台はM9なら、エネルギーとしては2桁つまり100倍なのだ。

Sendai was near the epicenter and would have been devastated if it really happened.

だからそれが本当にM9なら震源地に近い仙台は壊滅していてしかるべき状態のはずだ。

Look at the earthquake photos of damage from the Kobe quake, and try to find ONE THING SIMILAR in SENDAI. Just try. They do not exist.

神戸の震災により受けた打撃の写真を見てください。一つでもいい、神戸と共通するものがありますか? それが全くみつからないのです。

Outside of the tsunami, the quake which supposedly hit Sendai with many times the power of the one in Kobe, did not destroy a single building there.

津波以外で、神戸の地震を上回るはずの規模の地震が仙台を何回も襲ったとされる地震にもかかわらず、たったひとつの建物さえも倒壊していないのです。(以下しばらく管理人訳)

Sendai was only 48 miles from the epicenter of this “9.0” which would have devastated everything in an area 1,000 miles across if it was real. All of Japan would be toast. Try to find a photo of seismic damage in Sendai.

もしこのM9.0地震が本当であるなら、M9.0とされた震源からたった48マイル(約76km)しか離れていない仙台では1000マイル(1600km)にも渡であろう広域ですべてが墓されたはずだ。仙台だけでなく日本全体が になる。仙台の地震により打撃を受けた写真を見つけてみて欲しい。

(管理人:確かに地面が割れている写真などは過去見たが、建物が大きく倒壊しているような写真はまだ見ていない。もちろん日本の耐震性がしっかりしていることもあるだろうけれど、阪神大震災では高速道路の高架も倒壊したし、たくさんの建物が倒壊している。

I challenge you. Try to find it in any of the coastal cities, as little as 25 miles from the “epicenter”.

私はあなた方にを挑戦状を突き付ける。そのような倒壊の様子を、震源から最小25マイル(40km)しか離れていないような海岸沿いの都市で見つけて欲しい。

I looked for 5 hours, and except for some tanks that fell at a brewery not a single one exists. No pictures of collapsed skyscrapers or high rises equals NO 9.0. You will not find a single skyscraper photo where the windows got broken either.

私は5時間もかけて探したが、醸造所からタンクが落ちている写真を見つけた以外は、ただの1つも見つけることができなかった。M9.0に匹敵するような、高い建物やビルの倒壊の写真はない。それだけでなく、高い建物の窓が割れているような写真でさえ見つけることができない。

You will find no downed power poles, no flipped over cars, no uprooted trees, no derailed trains (except for one the tsunami hit), and the road damage is typical of even a 5.0.

電柱の倒壊だって見つけることができないし、車の横転の写真もないし、根こそがれた木々の写真もないし、脱線した電車の写真もない(津波被害によるものを除く)。そして道路の打撃の様子はM5.0レベルにさえ思える。

You will not find pictures of a single damaged multi story building or even a structurally damaged wood framed house outside the tsunami zone. In Sendai the quake messed up grocery stores and kitchens and that really is about it.

津波が襲った地域以外で、打撃を受けた2階建て以上の建物を見つけることができないし、木造の建物の打撃さえ見つけることができない。仙台では地震によりスーパーやキッチンが散乱したくらいのものだ。

(管理人引用注:以下は翻訳がなかったので、後から管理人の方で翻訳し付け加える予定です←今あまり時間がないため)

And now, I will say it like I knew it had to be.

I believe the phony 9.0 story was used as seismic cover for a tsunami nuke, which produced the tsunami of a 9.0 when detonated in the Japan trench (where no earthquakes of significance happen) as punishment for Japan offering to enrich uranium for Iran.

The rest of the story, the concealment, is black ops. Bet on it. In the tsunami videos, the tsunami rips through pristine and undamaged cities, where business as usual is obvious and the tsunami is an ambush; not 9.0 earthquake ravaged debris.

The quake is a paper thin story taped together by the undeserved trust of a gullible public. And the stories?

The CIA did not hire a million people last year for nothing. If there is evidence of a 9.0 SHOW ME. A 9.0 will devastate an area over 1,000 miles across. That is how big a 9.0 is.

The entire nation should be in ruins, especially judging from the damage the 6.9 Kobe quake did, and no where, no where outside the tsunami zone in the entire country is there a single damaged multi story building, a single collapsed bridge, a single structurally damaged wood framed house, or skyscraper.

If a picture exists that can be definitively pinned to this quake, show me. The only collapsed structure in all of Japan was an old welfare shelter near station MYG004, the true epicenter.

Take a look at these frame captures,and ask a question – Why is no one trying to run?

次の映像を見て下さい。そして自問して下さい。

Why are the cars all just parked peacefully as the tsunami arrived?

津波が近づいているのにどうして駐車場に整然と車が並んでいるのでしょう?(皆さん整然と車を捨てて高台に避難し終わったのでしょうか?)

Why was there no warning?Why did the tsunami sirens only go off after the tsunami arrived?

どうして警報が鳴っていないのですか?どうしてサイレンは津波が来てからようやく鳴りだしたのですか?

Could it be that the people and the governement had not felt a significant earthquake and did not measure one either?  

あの程度の地震であんな大型の津波が来るとは誰も思わなかったのではなでしょうか? だから対策をとらなかったのではないでしょうか?

写真上部英文訳:

この映像を見て、日本中の誰も不思議に思わなかったこと:津波がくる寸前まで建物には傷一つないとゆうこと。完全無傷です。(この少し前にM9.0の激震、関西の100倍のエネルギーに襲われたハズですね)

私の結論は、吾が親愛なる(勿論反語)イルミナティ・シオニスト・ファシスト・(ネオナチ・旧ナチ第3帝国連合・ワンワールド)のメディアがこの犯罪現場について一切だれにも語らないことにしたのです。

日本政府はのど元に短刀を突きつけられていたのです。

写真下部英文訳:

もう一度お願いします。考えてみてください。

どうして建物には地震の痕がないのでしょう?全くそれらしいものはみあたらないですね。あわただしくM6からM9に格上げされた地震の震源地のま近ですよ。考えてみてください、皆さん。

とにかく、写真を見る限り、津波が来るまでは完全に何も被害がないのですね。

(地震は起ったでしょうが、古い木造の一般家屋にも改訂以前の古い構造基準で建てたコンクリートの建物にもクラックひとつみあたりません。地震の強度はその程度だったのです。少なくても写真で見る限りそうですね。)

日本は完全免震ではありません。ガラスのひとつ、パネルの一枚ぐらい落ちてもいいとおもいませんか?

神戸の写真を見て下さい。このときはM7です。めちゃくちゃに壊れてますね。ビルも傾いていますね。高速道路は顛倒してますね。今回はM9です。Mが1増すとエネルギーは10倍になります。7が9になると100倍です。

関西の100倍の地震に襲われて無傷とはどうゆうことでしょう?

M9の地震の到達範囲は理論的には7000キロにおよびます。つまり日本がスッポリはいるのです。さだめし『日本沈没』の強度です。そんなことが実際は起らなかったことは分かっていただけますね。

答えは一つ:あなた方は始めから嘘を聞かされてきたのです。

われわれは、かれこれ400年もの間、親がまさか嘘を食べさせているとは知らず、嘘ばかりたべされてきたといえます。

もうそろそろ目をさまして親も悪魔かもしれないと疑いの目でものを見て、疑いをもって考えて下さい。今、時代は、それぐらいウソにつつまれています。

地震の規模からして、こんな大型津波がくるとは思っていなかった?

Question: Why are none of the roads packed with people trying to flee the approaching tsunami?

なぜここでは(ハリウッドの映画、たとえば『2012』のように)押し寄せる津波から逃れようとする群衆で道路が一杯にならないのでしょう?

Could it be that the people and government were not expecting one?

人々もお役人も地震の規模からして、こんな大型津波がくるなんて思っていないのではありませんか?

Tsunami sirens blare only when it arrives, rather than 40 minutes before, which is how much warning they would have had if a real quake in the ocean had been detected.

津波警報のサイレンは津波が見えてから鳴り始めましたよ。YouTubeをもう一度調べてください。警報は40分前に発令されたとゆうことですが、サイレンがなりはじめたのは津波が視野にはいってからでした。もし本当に最初の超大型地震M9が本当に海底に確認されたのなら、警報はこんなものではないはずだとおもうのですが。もっと必死になるはずです。


(転載ここまで、次回に続く)

おまけ

マイクロソフト社が19日、全社員自宅勤務になるようです。

日本マイクロソフト、2012年3月19日は全社員で在宅勤務

何かのフラグのような気がしてなりません。他にもこの週末・連休、21日頃までが懸念に思えるフラグが数々あります。残念ながら管理人は時間がなく今すべてをまとめられませんが、念のためお気をつけを。杞憂であることを願います。
 

スポンサードリンク

 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ