当ブログへの検索トップキーワードは「マイナンバー」



当ブログへのアクセスは、ほとんどが検索エンジンからの流入となっています。ツイッターやフェイスブックでも自分でシェアしてますが、SNSよりも検索エンジンからですね。ただSNSのアクセスもそれなりにはあります。

ここで、最近はどんなアクセスで当ブログにお越しいただいているかチェックしてみました。そこでわかったのは検索キーワードの9割以上に

「マイナンバー」

のキーワードが含まれていることがわかりました。

keyword_dec2015

マイナンバーのことをまとめる前は当然ゼロだったのが、今や「マイナンバー」がほとんどをしめています。マイナンバーに関する情報が国民に少なく、ちゃんと告知されておらず、心配や不安の材料になってしまっている様子がわかるかのようです。

検索してきた方に見てもらえるように、マイナンバー関係の記事もまとめたいと思います。

ちなみに今まで書いたマイナンバー絡みの記事はそれほど多くないのですが、以下を書いています。(別窓で開きます)

国民の7割が知らないマイナンバー制度とは?

マイナンバー実施の真の目的?

マイナンバーは受け取りを拒否できるのか?

マイナンバー・運用開始前なのに用途拡大ねらう法案

マイナンバーの影響が及ぶ93項目とは?

続・マイナンバーが適用される93項目の詳細

マイナンバー早くも情報流出・不祥事:個人カード申請の拒否を
 

私にもとうとうマイナンバーが届いてしまいました。家族がいると家族に受け取らせようとするとのことで、自分は受け取るつもりがないのに家族が受け取ってしまった、という話もちらほら聞いています。私の時は、普段不在ながらたまたまその時にいて、「受取拒否にしてください」と伝えました。

受け取るか否かは個人判断ながら、私はもうすぐ海外に行くのもあり拒否しました。

日本で会社勤めしてる場合は、給料の受け取りでマイナンバーが必要となってしまうゆえ、拒否が難しいのかもしれません(このあたりはまだ調べていませんが、役所で住民票を取ることで番号だけ知ることができるという話を聞いています)。

また通知は受け取っても、カードの申請は(どうしてもしなければならない段階にくるまで)するべきではないと思っています。まだ罰則はありません。なのでしなくてもよいのです。

何より情報漏洩が怖いです。カード申請してそのカードを落としたりでもしたら終わりです。カード=クレジットカードや銀行の暗証番号と同じ位置づけであり、すべて丸わかりになってしまいます。

政府はこの辺の対策も全くしておらず、個人情報とひも付けたマイナンバーカード発行などとやっているわけです。それは狂気でしかありません。


 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク