瓦礫利権:北九州市のヤクザ並対応、福岡県警察は妊婦に暴行

スポンサードリンク



管理人、引越しに仕事に…でリアルタイムで見ることができなかったのですが、北九州市の瓦礫焼却が強行されてしまいました。そこでの様子はまるでヤクザ並の対応、これが通る日本という国は、北朝鮮並の国です。

こちら「院長の独り言」オノデキタ先生(内科医)のブログより転載

kitakyu

 
「おとり使い焼却場へ」って、市民は人間だと思われていませんね。

kitakyu1-

kitakyu2-

市長は顔を見せることなく、瓦礫焼却は強行されてしまいました。
情けなくて悔し涙が出ました。

そして、福岡県警察、妊婦に暴行を加えたとのこと。写真あり。

福岡県警察 瓦礫反対の妊婦に暴行

【福岡県警察 瓦礫反対の妊婦に暴行】より

ninpu

警察は住民の税金で運営されながら、憲法も守らず住民に暴行している。

今回は、なんと妊婦まで連行する非道である。

住民の反対を暴力で蹴散らす行為は、日本国憲法にも悖る所業であり、今後全国的にこの行動が拡がるだろう。

住民はなにもしていないのに、公務執行妨害と称して排除する。何処にも民主主義の精神がない。

連行すべきは、東京電力の幹部であり、民主党前政権幹部であろう。もっともこの民主党の支持率では、次期総選挙において、われわれ国民の手によって確実に断罪されるから、警察は東電幹部を逮捕すべきであるのに、なぜか納税者住民を逮捕している。

放射能をばら撒いたのは、紛れもなく東京電力という事業者であり、最近では値上げまでしている。福島県住民は、患者調査すらせず放置している。わが国は、民主主義国家ではなかったことが証明されたのだ。

管理人引用注)管理人は、もともと日本は民主主義国家とは思ってません。
名前だけの建前で、実際は官僚主義国家なのが現実。

国と警察による犯罪は絶対に許されません!

妊婦に暴行した福岡県警察は謝罪し、暴行を加えた警官を逮捕しろ!!

国民の主権は完全に侵されてます。こんな非常事態なことが進んでいるのに、テレビでは相変わらずバラエティー番組、なんと恐ろしい国なのか。

国家による「放射性物質のばら撒き」という殺戮行為が進んでいます。

瓦礫搬入時の様子のツイッター記録

こちら、引用させていただきました。(1は前置き)





 


 

スポンサードリンク