[地震] 福島県が熊本大地震の被災者受け入れ対応 今現在も高い線量が各地に



管理人Junna (@myremin) です。ツイッターで書いた内容ですが、こちらにも…。

熊本で被災された被災者の方々の広域避難について、熊本県知事から福島県に、一時避難先の供与の依頼があ­りました。


 

なぜわざわざ、事故を起こした原発がある場所の近く、すなわち原発事故の被災地に、被災者を送るのでしょう。高線量を記録している場所が多々あるわけです。本来、高い線量の場所から人々を避難させなければいけないのに…。

それでも、大人は自己責任の上での自由で選択ということで、そこに他人がとやかく言って介入することではないとして、子供は選べません。子供は絶対的に守られる必要があります。
 

日本政府の線量計算はまやかし、本来の安全な線量

健康に過ごすための線量は年間1ミリシーベルト/時(1mSv/h)ですが、これを1年間の時間で割ると0.114マイクロシーベルト/時 (0.114μSv/h)となります(琉球大学・矢ヶ崎克馬教授)
 

<まやかしの除染基準> 環境省が示す年間1mSv=1時間0.23μSv 年間1mSv=0.23μSv/hという数値より

日本政府は追加被曝量(自然放射能に加えて原発事故で追加された量)の計算として 0.23μSv/h を年間 1mSv に対応させています。

原子炉から放出された追加放射線量を自然放射線量と分離するためとしているようですが、全く誤った係数を使用し、実際の年間被曝線量を半分以下の年間量に計算させています (平成 23年 12 月 19 日放射性物質汚染対処特措法に基づく汚染廃棄物対策地域、除染特別地域及び汚染状況重点調査地域の指定について(お知らせ)による) 。

この値を使うと年間被曝量は真値の 60%しか示されません。
例えば、ある場所で測られた空間線量の実測値が 1.50µSv/h であり、自然放射能が 0.04µSv/h, であるとすると

(1)正しい計算:
(1.50 – 0.04)x24x365 = 12.8 mSv/y または, (1.50 – 0.04)/0.114 (inmSv/y) = 12.8 mSv/y, 此処で 0.114μSv/h が 1 mSv/y に対応しています。

(2) 政府の指導に従った正しくない計算:
(1.50 – 0.04)/0.19 (in mSv/y) = 7.7 mSv/y. (これは上記の 60% でしかありません),

此処では 0.19μSv/h が 1 mSv/y に対応するとされています。
モニタリングポストで被曝線量を半分にしたうえに、年間被曝量を計算する係数を不正に大きな値を用い、正規量の 60%しか計量しないようにしているのです。

 

日本政府は放射能から住民のいのちを守らない

原発推進のための利益を優先させているICRP(国際放射線防護委員会)でさえ、「低線量被曝でもリスクはある」と言っているのに、政府は「設定された線量以下ならば、全く健康被害はありません」と言いきってきました。ICRPでさえ、低線量被曝の危険性を言及しているのに、政府は限度値を上げて、その値以下であるのならば、ある程度被曝しても大丈夫です、と宣言しました。このような政治の元では必ず将来において、異常出産、発がん等、たくさんの健康被害が生じてきます。

 

原発事故前の日本の線量はほとんどが0.1μSv/h以下だったのです。

許容限度の放射能を浴びてしまうと、DNA損傷がされていき、修復できなくなってしまいます。

ところが福島県ではまだ高い線量が計測されている所が多々あります。すべてではありません。それほど高くない所もあります。が、高い所もいくつもあります。

が、どこが高いか高くないかなんて、常に線量計で測ってるでもない限りわかりません。

大人はともかく、子供です。以下は子供の遊ぶ場所である公園が高いケースもいくつもある。そこに子どもたちが晒されてしまう。
 

ホワイトフードさんの検査

検査の上、放射能汚染されていない食材をお届けしているホワイトフードさんが、日本各地の線量を計測されています。

ホワイトフード

whitefood
bnr_90
 

少し離れた場所でも高線量が見られる例・・・郡山市、福島市など

kouen

2016-04-26_1121

2016-04-26_1149

2016-04-26_1151

2016-04-26_1152

2016-04-26_1118

2016-04-26_1119
 

福島第一原発に近づくと当然、跳ね上がります。

2016-04-26_1155

数マイクロにも・・・

2016-04-26_1156

fuku1-3

さらには11マイクロ・・・

fuku1-2
 

福島以前に、東京でも高い線量が出るのをたびたび目にします。


 

チェルノブイリ事故時とも比較にならない汚染です。

チェルノブイリ事故では、最終的に国が国民を避難させましたが、日本はしていません。ソ連以下の国ということです。日本は、見捨てることを選び決めたようです。この国の動かしている存在は鬼畜です。

今回の「熊本の被災者を福島へ」の報道を見た時、改めて再実感しました。

もう何度も書いてることだけど、自分や家族の身を守るのは自分しかいません。この国の「お上」に任せていたら、身を滅ぼすことに繋がります。

それは311東日本大震災後から現在進行形のこの国の対応を見てもわかります。日本国民を救う助ける気などまったくないことがよく伝わってきます。
 


 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ

スポンサードリンク