マレーシアで待っていたのは、心底から心身消耗する生活だった



日本に帰国中のブログ主Junnaです。日本に帰ってきてかれこれ3週間がたちました。

前回日本から出るまでの間、いろいろと息苦しくて早く日本を脱出したくて単身脱出を決行したわけですが、今回日本に来て、逆に日本の良さを初めて味わいました。

厳密に言えば、長野から岐阜に引っ越してから、自分のスペースができて息苦しさがなくなっていたのです。ただもうその時はマレーシアでの仕事も決まっていたので、脱出決行しました。

ところがマレーシアでの就労生活で待っていたのは多大なる消耗でした。確かに息苦しくはありませんでした。自由ではありました。でも、消耗した。。



海外生活に慣れているはずなのになぜマレーシアで消耗してしまったのか?

私は過去すでに3ヶ国に在住経験があり(英国、豪州、フィリピン)、海外暮らしに馴染めないとかそういう類の消耗ではなく、主にクアラルンプールの交通インフラの悪さに消耗してしまったのです。

マニラではバイクタクシーも乗り合いジープも数分に1本のペースであり、そこにさらにバスもタクシーもあったので困ったことはありませんでした。

また英国では自家用車がありましたが、徒歩で市街中心地へもスーパーへも問題なく行け、バスも充実していたのでこれまた困りませんでした。豪州でも市街地からすぐ近くに住んでいて徒歩圏で生活が完了し、加えてバスもあったので困りませんでした。

またマニラでは会社が送迎車を用意していましたが、そういうのもクアラルンプール(KL)では一切ありませんでした。僻地みたいな所に会社があるくせに自力で来いと。至近に住居はなくバスもないのでタクシー/Uberで通勤するしかありません。

uber1

KLでは、純粋に仕事の都合で郊外に住んでいました。それもありましたが、基本的に市街に住んでも徒歩で生活できる仕様になっていないために車のない生活、交通インフラのない生活に心から疲弊。

ちなみに自転車で生活するという選択はありません。ひったくりの格好のターゲットになるわ、轢かれるリスク激増だわ、自転車自体も盗まれてしまうでしょう。

駅近くに住んだとしても勤務先が駅近いわけではないし、Uberがあるのが唯一の助けでしたがUberも毎日となると高くつきます。特に通勤時間などは現実的な値段じゃありません。

また車を買うと言っても日本の2倍も価格がする上に外国人でローンが組めずに一括払いなので(勤続年数など一定条件を満たせば別)、おいそれと車も買えません。やっとまもなく車を買えることになりましたが…。また車を買ったら買ったで、日本のGWのような激しい渋滞が待っています。

話がそれましたが、文化の違いに疲弊したわけではなく、他の国では経験しなかった交通インフラのダメさに疲弊してしまったんです。無駄に毎日30-40分などバスを待つ生活に疲れ切りました。

日本では車も安く買えますし(私も日本には車があります)、普通に自転車にも乗れます。都市ならば公共交通機関で間に合うでしょう。日本が本当に天国に思えました。