マイナンバー早くも情報流出・不祥事:個人カード申請の拒否を



早速役所からマイナンバーが流出してしまったようです。いずれこうなるだろうことは予測していましたが、速攻起こってしまいました。あまりにも速すぎます。

36b744eb
 

茨城県取手市で住民票にマイナンバーが記載されるミス 初の外部流出に

茨城県取手市は13日、自動交付機で発行した69世帯100人分の住民票に、共通番号(マイナンバー)制度の個人番号を誤って記載していたと発表した。

すでに住民票を自動車販売店などに提出した市民もおり、申し出のあった3世帯5人の番号を変更する方針。総務省によると、今月5日にスタートした同制度を巡り、個人番号が外部に漏れたケースは初めてで、同様のミスがないか都道府県を通じて市区町村に確認を求めた。

住民票発行の際に窓口で、希望すると個人番号が記載される。取手市では自動交付機では記載希望の確認が困難なため、一律で記載しないようにしていた。市の委託業者が3日に住民基本台帳システムと自動交付機の切り替えを行った際、誤って番号を記載する設定にしてしまったという。市も確認を怠っていた。9日午後2時頃、前日に交付を受けた市民から指摘があり、誤記載が判明した。

 

住民票に誤ってマイナンバー記載 茨城・取手市で69人分を発行

茨城県取手市は十三日、住民票を発行する自動交付機の設定ミスで、誤ってマイナンバーを記載した住民票六十九人分を発行したと明らかにした。

総務省によると、マイナンバーをめぐるこうしたトラブルは初めて。取手市に対しては、マイナンバーの入った住民票が第三者に渡っていないか調査し、回収した上で内容を差し替えるように助言したという。

市によると、ミスがあったのは取手市役所本庁舎と藤代庁舎にある自動交付機の二機。八日に交付機で住民票を取得した人から「マイナンバーを入れたものを出しても良いのか」と九日に問い合わせがあり、発覚した。

市によると、マイナンバー制度が始まる五日から自動交付機のシステムが切り替わるように、市の委託業者が三日に設定作業を行ったが、マイナンバーを記載しないようにする設定を怠っていたという。

 

マイナンバー絡みの不祥事も

これも先日のニュースになってたことですが、マイナンバー絡みの不祥事も起こりました。「マイナンバー汚職」などという文言まで。

「マイナンバー」システムで収賄容疑 厚労省室長補佐を逮捕 警視庁

国民一人一人に12桁の番号を割り当てる「税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度」導入に絡むシステム契約を受注できるよう便宜を図った見返りに、現金を受け取ったとして、警視庁捜査2課は13日、収賄容疑で、厚生労働省情報政策担当参事官室室長補佐、中安一幸容疑者(45)を逮捕した。

捜査2課の調べによると、中安容疑者は平成23年秋、マイナンバー制度の導入に絡むシステムの契約を受注できるようIT関連業者に便宜を図った見返りとして、現金約100万円を受け取った疑いが持たれている。

関係者によると、中安容疑者は3年に厚生省(当時)に入省し、医療・社会保障分野の情報化を推進。マイナンバー関連のシステム構築にも関与し、24年からは厚労省の情報政策を統括する情報政策担当参事官室に所属している。

中安容疑者は日本医療情報学会に所属しており、国立大客員准教授も務めるなど、医療関係者やIT業者にも幅広い人脈を持っている。捜査2課は、中安容疑者が情報政策に影響力がある立場を悪用して業者側に便宜を図ったとみている。

マイナンバーの導入には、政府側、民間側ともに大規模な情報システムの改築や、新規システムの立ち上げが必要とされる。1兆円規模の市場になるとの見方もあり、IT関連業者による受注合戦が繰り広げられている。

マイナンバー制度は23年6月に民主党政権が「社会保障・税番号大綱」を決定し、25年5月、マイナンバー法が成立。今年9月には預金口座への適用などマイナンバーの活用方法をより詳細に定めた改正マイナンバー法が成立し、来年1月から運用が始まる。

マイナンバー汚職、他にも数百万円受領か

マイナンバー制度に関連する業務をめぐり、厚生労働省の室長補佐が業者から現金100万円を受け取ったとして逮捕された事件で、この室長補佐は他にも数百万円を受け取っていた疑いがあることが新たにわかりました。

警視庁は、容疑を裏付けるため、千代田区霞が関の厚生労働省を家宅捜索しています。

 

個人カードの申請拒否:最後までマイナンバーに対する抵抗を

まず始めに手元に届くのは「マイナンバー通知カード」というものです。

ここに同封されている申請書を返送することで、ICチップ入りの「マイナンバーカード」がもらえるという流れです。

あと3年は、マイナンバーの個人カードを申請しなくとも罰則がないため、個人情報流出などのリスクが高過ぎることを理由に、申請を拒み続けるべきです。

個人カードを申請する行為は自殺行為、本当にそう思います。義務じゃないのだからやる必要はない。不服従の精神で、とことんまで抵抗することが大事と思っています。

このマイナンバー制度は、実質機能することができずに頓挫するのでは…という見方も個人的にあります。もうこんなに早くから流出している状況、これからもこういったことは山ほど出てくると予測しています。

頻繁にあちこちで個人情報が流出しまくる自体になれば、運用することはできないという判断になり得るのではと。

アメリカ等でも存在するわけですが、少なくともアメリカでは、人に見つからないように厳重に個人で管理しているそうです。日本では個人カードに金融情報などを紐づけて、買い物する時やその他身分を証明する時に提示するなどという狂気。

どれくらい危険なのかたとえるなら、クレジットカードの暗証番号が表面に印刷されたカードを持ち歩くようなものです。

カード申請、あくまで最後まで拒み続けるべきと私も思っています。