「美味しんぼ」登場の実在医師「すべて真実」と主張



東京新聞系の中日新聞のサイト、中日メディカルサイトに、実際に「美味しんぼ」作者の雁屋哲さんから綿密な取材を受けていたという、実在する医師の方のコメントがありました。

その医師の方は、「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張しています。またこの医師の方は、放射線診療が専門です。

以下に転載します。

「美味しんぼ」登場の医師 「すべて事実。抗議は被災者に失礼」

「綿密な取材を受けた」

松井英介医師

小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の漫画「美味(おい)しんぼ」に「岐阜環境医学研究所長」として実名で登場し、原発事故や震災がれきと鼻血の関連性を指摘している元岐阜大助教授の松井英介医師(76)=岐阜市=は12日、本紙の取材に「すべて事実。実際に異変を感じている人たちがいる」と主張した。福島県や大阪市などの抗議には「〝事実無根〟というのは、その人たちに失礼だ」と反論した。
 
放射線診療が専門。福島県双葉町に依頼されて2012年度から町の放射線アドバイザーとして年間数十日、町内に滞在し、多くの被災者から「鼻血が突然出る」「せきが止まらない」「体がだるい」などの症状を聞き取ったという。

「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんと昨年末に出会い、4カ月にわたり「綿密な取材を受けた」と強調。問題の漫画を「子どもたちが読んで、自分の体の仕組みや放射線に関心を持ってほしい」と話した。

松井医師は、漫画の中でも実名で登場していますね。実際に双葉町に滞在し、鼻血現象も含めた症状に対する診療をしていたとのこと。

「美味しんぼ」は実際に見ていませんが、ツイッターやFacebookなどで、「あれは真実の描写だ」という声を、多くの福島県民の方々から聞いています。

その後も続々と、「実際に原発事故後に鼻血が出た」「子どもが鼻をいじって出たレベルの量の鼻血ではない」という声が出てきています。

本来「鼻血が出ている・いない」ということが論点のはずが、政府が「専門家」として参照した先の医師が「低線量被曝で鼻血が出れば宇宙飛行士など大量に鼻血が出る」などという、論点の違った見当違いな否定をする有り様。つまり典型的な御用医師です。

低線量被曝がどうこうではなく(因果関係は不明な状況ということは承知で)、「鼻血が出ている現象は事実かどうか」を論じているにも関わらず、「低線量被曝でなんともない」といったことを持ち出すあたり、何が何でも否定をしようとしう政府の強引で必死な様子が伝わってきます。

また、SPEEDIを隠して被曝を増大させた、本来ならすでにリコールされ失脚し、それどころか加害者として裁かれているはずの福島県知事、佐藤雄平までもが風評被害と言い始める有り様です。(前記事参照:「美味しんぼ」に対する福島県の声明(大本営発表)

県知事、佐藤雄平の大罪については、以下サイトに詳しくまとめられています。

世界中のメディアに追い込まれる子殺し知事・佐藤雄平

4ヶ月に渡る、綿密な取材に基づいて作られた漫画。核心を突いた事実が書かれているからこそでしょう。こういったらなんですが、たかが漫画に必死になって滑稽な日本政府。よほど都合が悪いのですね。お呼びでない関係ない橋下までノコノコ出てきて恥ずかしいこと。よほど知られてはまずい事象のですね。真実だと言ってるようなもの。

国が県が御用学者が、フーヒョーヒガイという呪文を唱えて騒げば騒ぐほど、美味しんぼの核心をついた凄さがより多くの人に伝わって、より多くの人を唸らせています。

被曝の影響かどうかは次の段階で論じることもできるとしても、「原発事故後に鼻血が出た」という「事象」は、多くの方々から証言もされている事実です。

福島県民の被害を、統計も取らず実態も知らずに利権野郎たちが否定する資格はありません。
 

 
 

スポンサードリンク