相次ぐ多過ぎる警官の自殺:田園調布署でまた警官が拳銃自殺



警官が自殺するというニュースをたびたび目にする気がします。そして警察内だけでこれだけの自殺が発生している現状は異常であるとも思います。あまりにも多過ぎるのでは…。

また田園調布署で拳銃自殺

21日、東京・大田区の警視庁田園調布警察署の個室トイレで、地域課に勤務していた大橋太郎警部補が口から血を流して倒れているのが発見され、その後、死亡が確認されました。警視庁によりますと、大橋警部補は拳銃で自殺したとみられるということです。田園調布警察署では、去年10月にも同じ個室トイレで、当時29歳だった警察官が拳銃で自殺していて、警視庁は関連を調べています。

過去の警官の自殺は以下のようなものがありました。今年に入ってから、そして昨年。そしてそれ以前も…。

BmhrUV8CEAEb-ju

【福島県警】50代警官2人自殺 遺書には”上司からの精神的苦痛”

福島県警本部の50代の2人のうち1人は28日、庁舎内で首をつり、もう1人は山形県の車の中で死亡していた事が分かり、遺書には”上司から精神的な苦痛”を受けていたと残されていたという。

福島県警で2人が同時期に自殺…。福島であるということを思うと、これは本当に自殺なのか?という疑いさえ持ってしまいます。もしかしたら何かまずいことを知り得て、それが原因で自殺に見せかけて…などと思い浮かべてしまったり。

今年にもう1件。

警察官、山中で拳銃自殺か 京都・宇治の山中で発見

30日午後5時5分ごろ、京都府宇治市炭山の山中で、宇治署東宇治交番の男性巡査(24)が頭から血を流して倒れているのを、署員が見つけた。巡査は搬送先の病院で死亡が確認された。発見時、巡査は右手で拳銃を握っており、1発が発射されていた。周辺に争った形跡はなく、署は拳銃で自殺したとみている。遺書は見つかっていない。

朝霞警察署地域課の警察官が拳銃自殺か、24歳巡査死亡

埼玉県朝霞市の朝霞警察署で 14 日、屋上で 24 歳の男性巡査が頭から血を流し倒れているのを同僚の警察官が発見した。巡査はその後死亡が確認された。傍には拳銃と遺書のようなメモがあり自殺したものとみられる。朝霞警察署では自殺した動機や経緯などについて詳しく調べる方針。

三原警察署で警官が拳銃自殺

三原警察署の58歳の警部補の男性が、交番で頭から血を流して倒れているのが見つかり、近くに警部補の拳銃が落ちていたことなどから、警察は自殺を図ったとみて調べている。

兵庫県警警察官3連続自殺の怪 母親が涙の告発「息子はパワハラで殺された」

兵庫県警では9月末から1カ月間で20代の警察官が3人も自殺するという異常事態が発生している。

兵庫県警では9月末から1カ月間で20代の警察官が3人も自殺するという異常事態が発生している。うち一人の巡査の母親が本誌に「県警内部のいじめで息子が自殺した」と涙ながらに訴えた。

警察官が拳銃自殺、前任地で震災対応

岩手県盛岡市の警察署内で警察官が拳銃で自殺を図り、死亡しました。動機などはわかっていませんが、警察官の前任地は大船渡市で、震災対応にあたっていたということです。

悪を取り締まるはずの警察でいじめがあるというのが驚きを隠し得ません。亡くなられた警官の方々が不憫でなりません。日本の警察、本当にどうなってるのでしょう。

そしてこの警官の自殺問題は、日本の縮図である気がしてなりません。

また別記事で詳しくまとめたいと思いますが、いじめという理由の他には、個人的にですが「抗うつ薬」が関係しているのではないか、という疑いも持っています。