福島国道6号で清掃活動:主催者バックは日本会議



今も高線量の汚染が出ている福島の国道6号線で、子供たちや高校生など含め1400人に、清掃活動をさせていたことで批判が殺到しています。

5年ぶり「清掃ボランティア」 国道6号で1400人が汗流す

NPO法人ハッピーロードネットや浜通りの青年会議所でつくる「みんなでやっぺ!きれいな6国(ろっこく)」実行委員会は10日、浜通りの国道6号で5年ぶりとなる清掃ボランティアを行い、住民ら約1400人が古里の道の美化に向けてごみ拾いに汗を流した。

清掃ボランティアは、浜通りを縦断する国道6号の環境美化を目的に2007(平成19)年に始まったが、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故による住民避難の影響で2010(平成22)年を最後に休止していた。5年ぶりの再開となる今回は、原発事故の避難区域を含む新地町からいわき市までの全8地区約50キロ区間で実施。地域住民のほか、浜通りの中高生約200人、原発事故の収束や除染に当たる作業員らも参加した。

このうち、楢葉、広野の両町にまたがるサッカーナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」周辺では、双葉郡出身の中高生らがごみ袋片手に沿道のごみを拾い集めた。同級生と一緒に参加したという双葉翔陽高2年の原中響さん(浪江町出身)は「参加できなかった県外の人の分も頑張り、古里を少しでもきれいにしたい」と汗を流した。清掃活動は原発事故の避難区域となっている浪江、富岡両町でも行われた。

r6

いわきエリアを除いては、すべて福島第一原発から近距離となっています。。

今回のこの主催者はこちらのNPO法人

ハッピーロードネット

理事:西本由美子

NPO理事長 西本由美子さん(60) 復興の桜並木に聖火リレーを

そしてこの理事、日本会議-櫻井 よしこの「憲法改正1000万人ネットワーク」代表発起人の一人であることがわかりました。

水戸街道(国道6号線)の清掃作業を子どもに押し付ける福島ēthosより

「憲法改正1000万人ネットワーク」
 


 

以下もご参考に:

[貴方の知らない日本]日本会議は統一教会の下部組織だとすると安倍政権の閣僚全員が統一教会関係者という驚くべき状態

防護服マスクの完全装備をすることが必要なレベルの高汚染スポットで、子供たちがマスクもせず清掃作業をしていました。

子供たちを守らないどころか、カルトに乗っ取られた日本というカルト国家では、カルト狂信者が子供たちを本気で殺しにかかってきている状況。

また福一事故が起こって高汚染になったことや、清掃箇所には避難区域に指定されていたエリアも含むことを知りながら、親が子を守らずに送り出してるから、成り立ってるわけでもあります。親たちが拒否していたら成り立たない。

国や行政が鬼畜であり元凶なのは当然として、なぜ鬼畜たちが何度も殺しにかかってくることに対して、我が子の命健康がかかってるのに「抵抗」しないのか、それも私は理解できません。
 

どうして守らないの、どうして送り出すの…?我が子の命はそんなに軽いの…?

「子供が病気になったならそれは仕方ない、それも運命だ」という親が実際にいるそうです。子の命健康をリスクにおかしても、抵抗しようとしない、変わろうとしない、そこまでして守りたいものは何なのでしょう。世間体?周囲?命健康はそれより軽い…?

これはもう戦争だと私は思ってます。もうすでに日本では戦争に突入している。子供の命さえ国から人質に取られている現実を直視するべきでしょう。
 


 

写真に写っている大人はマスクをしているのに、子どもらはしていません。