[考え方] 「今を生きている自分を幸せにするのは自分」幸せの鍵は発想転換力



管理人Junna (@myremin) です。

私はこれまでを振り返ると、本当にいろいろと失敗してきました。

46b4aeb7ad59314ac4216d70f1f7e081_s
 

「方法・やり方」を失敗してきたのももちろんですが、「自分の取った選択」が失敗だったことを後悔したことが多数ありました。

その時はわからなかったのです。なんであんな風にしてしまったのだろうとか、なぜこうしなかったのだろうとか、あげればキリがありません。

あの経験があったから今の自分がある…と思ってはいても、無駄な選択や行動、失った時間を振り返っては落ち込むことが多々あります。

けれど、「今の自分」が満足できていて幸せだと思えるのであれば、「あの失敗は無駄じゃなかった…」と心から納得して思える時が来るはずです。

だから、「今を生きる自分が幸せ」でないとなりません。

そのためには、「今を生きている自分のことを、自分が幸せにする」=自分が自分をコントロールする主導権を持っていることが絶対的に必要だと思いました。
 

「うまくいかないことばかり」「こんな人生嫌だ」と惨めな思いをして泣いた日々

それには、発想を転換させるチカラが必要です。

自分が幸せであるかどうかは、「自分がどう思うか、その状態をどう定義するか」にかかっています。「見方」1つなのです。

よく言われるセリフですが、「コップに水が半分しかない」と思うのか、「コップに水が半分もある」と思うのか。

私は、前者のよう「コップに水が半分しかない」としか考えられなかったのです。

だから、コップに水が満杯であることを当然として、それに足りないからといって自分を責めていたことに気がつきました。

だからタイトルのよう、「うまくいかないことばかり」「惨めな毎日」「こんな人生嫌だ」などと思いながら過ごすハメに。

完璧を求め過ぎて、その完璧な自分と、そうではない自分との間の乖離に耐えられず悲観するばかりでした。

悲観するばかりの毎日で、いいことなんて起こるわけはありません。良いことや良いものは、良い状態に共鳴してやってくる。いわゆる引き寄せの法則です。

良いものや良いことを引き寄せる波長を発する自分じゃなくちゃ、良いものや良いことはやって来ない。

それを知らず、またはできず、またどんどんドツボにはまっていく。負の循環が始まってしまうわけです。そして過去の私はそれを断ち切る方法さえ知りませんでした。
 

トライ&エラーの繰り返し 失敗という勉強があるからこそ前進し成功する

今でも完璧な自分を思い描いて、そうではないことに落ち込むことはあります。

でもそういうネガティブな思いになった時に、とっさに発想を転換する癖をつけ始めました。

人間、不完全であって当たり前なのだと。自分の中にダメさがあってこそ、人間なのだと。

そして、失敗は必要な経験であり、成功へ導いてくれる先生でもあります。

「失敗して当たり前」「不完全で当たり前」、そこから何を見出すか、そこからどう改善し飛躍するか・・・という、新しい発想を持ち始めました。

今がどんなに嫌だとしても、自分が前に進んでいる限り、その嫌な時はずっとは続かないのです。明けない夜はないように。

人生は、トライ&エラーの繰り返し。失敗はすべて勉強の材料です。

失敗しなければ、振り返ることもできません。

失敗ばかりのダメ人間だっていいや、と開き直ることに決めました。プロセスを楽しんで、夢とともに生きながら実現できれば。

夢とともに生きるということは、失敗もするということでもあり、最後に自分が思い描く方向へとたどり着ければよいのです。

6dcf78a1190d3171b6752b37c5087691_s
 

失敗をするのは、行動・前進していることのしるし

行動を起こさなければ失敗しません。失敗しない方法は、何も行動しない、何も変化を起こさない、前進しないこと。すなわち今の状態から何も変わりません。

失敗を恐れていたら、変わりたい、良くしたいと思いつつも、それまでの状態から脱することができません。逆に、新しいことを始めたりして行動を起こしていれば、いつか必ず壁にぶち当たったり、失敗する時がやってくることでしょう。

失敗するということは、行動している、成長している、変化しつつある・・・という喜ばしい印と受け止めるべきでしょう。そしてそれをそこからの糧にして前進して望む結果を手にすればよいのです。

失敗をした自分を責めないことだと思います。代わりに、行動した自分を誇りに思うべきかと。

少なくとも、惨めな気持ちから脱することができて、再び希望を持って未来へ進み始めることができれば、そんな自分と共鳴して良いもの・良いことが引き寄せられてくることは間違いないでしょう。自分を幸せへと導く鍵は自分が持っています。
 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ