[原発] 危険な川内原発、運転差止め棄却判決 川内原発が日本で最も危険な理由

スポンサードリンク



川内原発の運転差止めは判決で認められませんでした。信じられません。

再稼働ではなく「廃炉」が決断されなければいけないのが今の川内原発。

 

 

<川内原発>差し止め認めず 新規制基準「不合理と言えず」

九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の運転差し止めの仮処分を地元住民らが求めた即時抗告審で、福岡高裁宮崎支部(西川知一郎<ともいちろう>裁判長)は6日、同原発が「新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断が不合理とはいえない」として、住民側の申し立てを棄却する決定を出した。

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転停止を命じた3月の大津地裁決定に続き、稼働中の原発の運転差し止めを巡る2例目の判断(高裁段階では初)として注目されたが、司法の結論は分かれた。住民側は抗告し、最高裁の判断を仰ぐか検討する。(毎日新聞)

 

やはりこの裁判官も権力の駒でした。この国の司法も裁判も、「送り込み人事」という名の癒着・腐敗した構造によって、権力の下僕と化しているのがよくわかります。裁判官の名前はよく覚えておくべきでしょう。

過去記事:高浜原発の稼働を止めた裁判官と再稼働させた裁判官

裁判官でいるということは、いずれは司法の腐敗に加担しなければならなくなる運命なのかもしれません。

 

日本で最も危険な原発、川内原発

この川内原発は、「日本で最も危険な原発」とされています。冷静に客観的に分析して、日本で最も危険な原発といわれる理由もよくわかります。
 

1・火山噴火の危険性

桜島が噴火、爆発した時に、火砕流が川内原発が襲います。桜島はすでに日常的に噴火しており、大きな爆発と火砕流がいつくるかわからない状況です。

また火砕流だけでなく、普通の噴火であっても、火山灰が大量に川内原発に飛ぶことで、送電線がすべてダメになると広瀬隆さんがおっしゃってました。

外部の送電線が全部やられ、福島第一原発事故の時と同じ「全電源喪失」になってしまうと。

つまり、桜島の噴火の状況によっては、福島第一原発事故の二の舞になってしまう可能性が非常に高いわけです。

昨年再稼働されてしまうまでは、電源が落ちていて冷却されているわけですから、もし大規模な噴火があっても、灰が飛んでも、最悪の自体は避けられました。

が、今は運転中。

私も昨年桜島に行きましたが、けっこう離れた対岸にも灰が地面にある状況でした。

DSCN3393-2

Kagoshima - 40

(管理人撮影)
 
「エリート」役員の計算では、火砕流は川内原発のところだけ避けてるんです!笑い話じゃないのに、あまりにも不自然過ぎて笑えました。

sendainpp1

(九州電力資料)
 

以下動画でよくわかります。


「川内原発の避難計画には実効性はない」ニューズ・オプエド(ゲスト:広瀬隆さん&川内博史さん… 投稿者 kotetsu1111
 

火山の専門家もこぞって危険性を指摘していますが、九州電力や国はことごとく無視。

原発直下に活断層の可能性!予想マグニチュードは7以上!!

この原発がほかの原発より危険だと言われる大きな理由が、火山の噴火リスクだ。

「川内原発は間違いなく日本一火山リスクの高い原発です。これは日本の火山学者の大半の考え。再稼働以前に、あんな場所に原発があること自体が間違いです」

井村隆介・鹿児島大学准教授はそう警告する。

「九電は『火山を監視して危険な兆候があれば、核燃料等を移動させる』としており、再稼働の是非を審査する規制委もそれを受け入れました。

しかし、カルデラ噴火がいつ起きるのかを正確に予測するのは不可能だというのが、現在の火山学の常識。それに、規制委には火山の専門家がいないのに、火山リスクを審査しているということ自体が重大な問題です」

 

2・活断層(中央構造線を含む)が横たわる危険

川内原発の直下に活断層があることが指摘されています。

原発直下に活断層の可能性!予想マグニチュードは7以上!!

BK2_140722_05

川内原発の直下に活断層の可能性――。今年2月、新潟大学の立石雅昭名誉教授(当時)、地元の研究者や住民らによる「川内原発活断層研究会」が会見を開いた。

立石氏は「断層は原子炉の北東約800mの山中の崖に露出し、地表近くから3本がそれぞれ垂直に延びている」と解説した。

「断層の粘土は非常に軟らかく、13万~12万年前以降に動いた新しい活断層の可能性があり、再び地震を起こす危険性がある」と警告した。発見された断層のうち、ひとつは川内原発の敷地のほうに延びていたと立石氏は言う。

「地表に出てきている部分はごくわずかで、地下で原発直下に延びている可能性が高い」

これに対し九州電力は「調査を行った結果、活断層ではなかった」との報告を行った。

「3つの断層のうち九電が調査したのは北側の断層1つだけ。それなのに3つとも『活断層ではない』ということにしています。川内原発直下に延びている可能性が高い断層について調査されていない」

また、放射性物質が東京や北海道にも降り注ぐ可能性も指摘されています。

「震源の深さにもよりますが、川内原発はマグニチュード7以上の大地震に見舞われる可能性が高い」と立石氏。九電の想定している地震規模はマグニチュード5.7。マグニチュードは1上がることにエネルギーは32倍となる。川内原発が直下の大地震に耐えられるかは大いに疑問がある。

 ほかにもこの地域には、政府の地震調査委員会が発表した「マグニチュード7.5以上」の地震を引き起こす可能性のある2本の活断層が、それぞれ原発敷地方面に延びているとの指摘もある。爆弾をいくつも抱えている状態なのだ。

また前出の広瀬氏によると、川内原発の耐震性自体も、地震の一撃で大事故を起こすレベルとされています。福島第一原発事故が繰り返される形となってしまうわけです。

参考:再稼働で揺れる川内原発の地震対策は、まったくなっていない!

同じように、中央構造線もそろそろ動くだろうと見られている。川内原発は不幸にして、その日本最大の活断層の上に建っているのだから、そもそもこんな場所にあることが間違いなのだ。

中央構造線が動けば、マグニチュード8という内陸型地震として最大の揺れに襲われる。しかも、大地震が原発の直下で起こるのだから、東日本大震災で、至るところが破壊された福島第一原発とは比較にならない巨大な揺れに襲われるのである。

原子力発電所の敷地そのものがはね上がるので、耐震性も何もない。原発ごと吹き飛ぶ大惨事となる。

img_3f2094af0b6a725d850e5f98f843330339136
 

3・老朽化のリスク

日本のすべての原発にも言えることですが、川内原発も老朽化しています。すでに、建設当時に想定された運転限度とされる年数の30年を超えています。(現在31年)

もともと寿命は30年とされていたのが、「30年を経過した場合には検査して10年ずつ延長する」と後から変わりました。
 

4・実際に事故を起こした原子炉を使っているリスク

川内原発で使われている原子炉は、2012年にアメリカのサンオノフレ原発で事故を起こした三菱重工製と同じものです。

そこの蒸気発生器で使われている熱水を通すパイプがありますが、薄いものでないと熱交換できないことから、紙みたいに薄いそうです。(上記動画)

で、川内原発にはその紙みたいに薄いパイプが、1機あたり3000本以上あるそうです。そして川内原発にはそれが3機。

細い配管で高圧なので、必ず壊れていくそうです。

その細管が破綻した事故が、1991年に福井県の美浜で起こった事故だったそう。もちろん川内原発で同じ事故が起こりえるわけです。

そして三菱重工が作ったものがアメリカで事故を起こして廃炉になりましたが、それを使っているのが川内原発です。

ただでさえ、海岸線にあるため、塩を浴びて腐食しやすい環境になっています。
 

5・実際に川内原発ですでに、トラブル事故が多く発生している

Wikipediaの「川内原発」(川内原子力発電所)のページを見ると驚くのですが、軽微な事故やトラブルを含めると、すでにたくさんの事故トラブルが発生しているのです。それは死亡事故さえ含みます。

故障・トラブル・事故

地質調査のコア捏造

川内原子力発電所の建設に先立ち、候補地の地質調査が行われたが、そこにおいてボーリングのコア(土壌サンプル)が差し替えられ、試料が捏造されたとする作業員の訴えがあった。

この問題は国会で追求されることになり、1977年11月21日の参議院科学技術振興対策特別委員会において、川内原発建設予定地におけるコア差し替え問題の集中審議がおよそ3時間半にわたって行われた。

参考人としてボーリングに従事した関係者(西日本地下工業、日特建設、ならびにその作業員)が招致され、コアの差し替えがあったことを証言した。

差し替えの手順と目的については、国会会議録の「衆議院会議禄情報 第082回国会 科学技術振興対策特別委員会 第8号」に詳しい[要検証]。

また科学技術庁による調査が行われ、コアの差し替えが確認された。原子炉安全専門審査会も6、7本のボーリング試料において捏造が疑われると判断した。

なお、原子炉安全専門審査会は、その後に行われた追加のボーリング結果から、地盤に原発設置上の地震リスクはないとの評価を下した[要出典]。

タービン建屋内での死亡事故

2010年1月29日、1号機のタービン建屋内で、同社社員と協力会社社員の7人がアース取り付け作業において火傷を負う事故があり、そのうち協力会社社員の1人が全身やけどで同日夜、死亡した。九電社員と協力会社社員の2人が重傷、ほかの4人は顔や手に軽いやけどと発表された。

九電の経済産業省への報告によると、事故は午前7時5分頃に起こり、上側の端子(2次側)にアースを取り付ける際、440ボルトの電圧がかかっている下側の端子(1次側)に誤接触したのが原因とみられ、ショートして火花と高温のガスが発生し、作業員が火傷を負った。

九電は、下側の電源を切らず、点検したことについては「ほかの点検作業の都合上、通電していた」と説明、下側の端子に通電していることが作業員に伝わっていたかは「調査中」である。放射能漏れや被曝はなかったとされる。

その後、この事故で死亡した協力会社社員の遺族が、なぜ危険な場所で作業させていたのかの説明が九電側からなされておらず、未必の故意による殺人罪に当たるとして、当時の所長や次長(その後所長になる)を2013年1月23日付で鹿児島地方検察庁に告訴した。

その他の故障・トラブル・事故

1983年 – 試運転中の自動停止(1号機)
1986年 – 燃料集合体のピンホール(1号機)
1988年 – 一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ(1号機)
1989年 – 化学体積制御系抽出ライン元弁棒損傷(1号機)
1989年 – 温度測定用配管弁棒損傷(1号機)
1989年 – 一次冷却材ポンプ変流翼取付ボルトのひび割れ(2号機)
1991年 – 蒸気発生器細管の摩耗減肉(1号機)
1991年 – 調整運転中の手動停止(1号機)
1991年 – 蒸気発生器細管の摩耗減肉(2号機)
1996年 – 制御棒駆動装置ハウジングキャノピーシール部損傷(1号機)
1998年 – 格納容器サンプ水位上昇に伴う原子炉手動停止(1号機)
1999年 – タービンソレノイド動作に伴う原子炉自動停止(1号機)
2000年 – 蒸気発生器の細管損傷(1号機)

2015年8月21日 – 1号機は2015年8月11日午前10時半より再稼働して10日後に復水ポンプ付近でトラブルが発生、21日に予定していた95%への出力上昇を延期した。冷却水に海水などの塩分が混入した可能性が指摘されている。

 

6・事故時の核燃料移送、および避難計画に不備がある

川内原発 核燃料緊急移送 手つかず

2016-04-07_1611

再稼働するというからには、緊急時の核燃料はどうするのかという最低限の事は決めているとおもいきや・・・

予兆を察知した場合には核燃料を安全な場所に緊急移送すると明言しながら、実際には原子炉を止めて運び出すまでに二年以上かかる上、搬出方法や受け入れ先の確保なども具体的に検討していないことが分かった。

市町ごとの避難時間や経路の記載がない。

身障者や高齢者ら避難時の要援護者と離島への考慮がない。

 

7・重要な部分は開示せずすべて隠している(やましいことがなければ隠す必要はない)

提出された川内原発の資料は、大事な点が真っ白になって、黒枠で囲まれていたといいます。

また、2014年7月16日に出された「九州電力株式会社川内原子力発電所1号炉及び2号炉の発電用原子炉設置変更許可申請書に関する審査書案」(審査書案)には、耐震性の計算式も、このような耐震性の計算のもとになった計算図表もまったく見当たらなかったそう。

参考:川内原発の真の恐怖とは?白抜き黒枠データを公表する信じがたい九州電力と原子力規制庁の正体
 

8・台風の進路と放射能雲の進路が同じ!風向きに乗った風で日本全体壊滅の危機

img_a403b0e12c15edbe8cd7d32e78ddd0c930794

福島第一原発事故の放射能雲、放射性物質を含んだ風は、多くが太平洋へと流れました。しかし川内原発の場合は、もろにほぼ100%の形で、日本列島にふりかかります。

+++

こんなこともわかりました。

川内原発周辺 装置の半数、即避難線量を測れず 監視不十分で再稼働

昨年再稼働した九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県薩摩川内市)周辺の放射線監視装置(モニタリングポスト)のうち、ほぼ半数の四十八台中二十二台が事故発生時の即時避難の基準となる高い放射線量を測定できないことが、同県への取材で分かった。監視態勢が不十分なまま、再稼働したとの批判が出そうだ。

国の指針では重大事故時被ばくのリスクが高い五キロ圏の住民はすぐに避難。五~三十キロ圏はまず屋内に退避し、ポストの数値で避難の必要性を地域ごとに判断する。毎時五〇〇マイクロシーベルト以上は即時に避難、毎時二〇マイクロシーベルト以上が一日続いた場合は一週間以内に避難させる。

ポストは原発の三十キロ圏にある道府県が設置。鹿児島県は川内1号機が再稼働した昨年八月までに、五~三十キロ圏に四十八台設置したが、そのうち二十二台は毎時八〇マイクロシーベルトまでしか測定できないという。

呆れて言葉が出ません。

こんなに危険なものを、国民の安全を軽視して司法も腐敗させて、無理やり動かしてしまう。腸が煮えくり返る怒りはもう毎度のことですが、それさえも通り越してますね…。

なんせ「汚染は無主物」などと言って、事故を起こした東電の責任を負わせない国ですから。幹部も誰も逮捕されてません。

怒りは当然だけれど、狂いまくっているという絶望感。

自らが身を置く国を危険に晒すことも何とも思わない、もはや人間の血が通っているとは思えない金の亡者。吸血鬼と呼んでしまいたいです。

これは、先のことや国民のことを何も考えていない自分勝手な拝金思想なのかとずっと思っていましたが、最近思うのは、それを超越した「カルト思想」なのだと思います。

自らの安定を失わないためには、どんな犠牲でも払う姿勢が。

もちろんその犠牲は国民の身に降りかかるわけです。だからこそ平気なのです。他人であり虫けら同然の国民はどうなってもいいという姿勢がありありとわかるのが、今の安倍政権を中心とした権力側の人間たち。

でもその危険は自らの身にも降り注ぐものでもあるわけです。権力側の人間たちだって住む国なのです。そんなことも考えられないようで人間らしい思考さえ持っていません。権力側の人間はいざという時は海外脱出などと考えてるのでしょうね。

国民を苦しめ続けていて、何が「愛国」なのでしょう。「棄民」以外の何物でもないです。

そして特に裁判官なら「書類上」ではなく、「火山・噴火」という現実をちゃんと客観視して危険性を「公正」に、「正義」を持って判断しなければいけない存在。でもそこにはもはや公正も正義も、何も存在していません。
 

スポンサードリンク