実現したいことは先に決めてしまう。どう実現するかはその後に選ぶ。



自分に言い聞かせている内容を今日は記事にしてみます(*^_^*) 

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s

よく、「◯◯したいけれど、私はできない・無理」という言い方がされています。けれど実際にやってみる前に「できない・無理」と決めつけてジャッジしてしまっていたら、できることもできなくなってしまいます。

実際にやってみる前は、すべて「想像」「不安」「恐れ」でしかないんですね。そういったものを勝手に自分の中で先走って作り上げて、やってもいないのに結論づけている状態。

やる前から「できる・できない」を論じるのではなく、やってみるんです。「できる・できない」ではなく、「やるか・やらないか」。

「できる・できない」というのは、やってみた後での結果でしかないんです。

そりゃ、物理的にできないことはあります。でも、自分が「やりたい」と想定している範囲のことで、突拍子もないレベルのできないことというのはないはず。そういった類の「物理的にできない」ことであれば、「やりたい」の中に現れないからです。

「できる・できない」は横に置いておいて、やるか?やらないか?それを決めてしまいましょう。

やると決めたなら、後は覚悟を決める。もう引き下がれない。それに向かって進むことのみが唯一の選択肢・・・と腹を括る。

逆に、もう後に引けない状態に自分を追い込むことも必要でしょう。退路を断ってしまうんです。

今回の私の場合なら、行き先で仕事が決まったわけでもないのに完全に日本を出国してしまう形で退路を断ちました。行ってゼロから生活を立ち上げていくしかない状態に、自分を追い込みました。お子さんがいる方でも、仕事の目処だけつけて同じようにした方を知っています。

もっと重要なのは、それが自分にとって心底レベルから腹から手が出るくらいに本当に叶えたいことなのかどうか?です。ここがブレていると、覚悟もできなければ「できる・できない」の不安が先に来てしまいます。

逆に「心底から叶えたいことなのか」というこの軸がブレておらず確固たるものとなっていれば、確固たる意志に対して覚悟さえ決めてしまえば、目標などほとんど叶ったようなもの。

だから、「心底から実現したい望む結果」を、前もって先に決めて設定してしまいます。

たとえば「旅行で沖縄に行く」と、最終目的地を決めるからこそ、沖縄行きのチケットを探します。仕事の休みも取ります。航空券を予約します。宿を手配します。

またお金が足りない場合は少し先に日程を設定して、それまで沖縄行きのためのお金を貯めます。ゴール・目的地を決めるからそれに向かって進んで行けます。

この目的行き先地である「沖縄」を、「自分が実現したい結果」に置き換えるだけ。

どこかへどうしても行きたいけれど、どこへ行っていいかわからない・・・
沖縄に行きたいけれど、航空券が高いかもしれないから私には行けないかもしれない・・・

そうやってウダウダ考えていたら、実現するものも実現しません。

お金がなくて難しいのなら、貯める期間を設定したり、お金を作る手段を得る(バイト、副業等)。

最終目的地さえ設定できれば、実現のための途中のプロセスが一見難しく見えても、戦略を立てて1つずつ壁を潰して壊していくことができます。

でも目的地が定まってなかったらそれさえもできないんですね。

「自分が実現したい望む結果」を、「目的地・着地」として最初にしっかり設定してしまいます。あとはそこに向かって難問をクリアしながら進んでいくのみです。


 

自分自身も2016年からゼロのスタート

こう書いている私も、過去5年間に渡り、自分の望む結果を手にすることができませんでした。

思い描いていたはずなのに、紙にも書いていたはずなのに、それまでの過去は実現したい姿を実現させてきていたのに、なぜかそれまでと同じように実現させることができずにいました。

それどころかむしろ、望まない方向へとばかり事態は進んでいきました。

なぜそうなってしまったのかと自問してきたのですけど、最近になってやっと、なぜ自分の実現したいことが叶わなかったのかがはっきりわかりました。詳しくは以下記事に書いています。

これまで自分に言い聞かせ、自分を洗脳していました。

上記に書きましたが、自分が進みたい方向、実現したい方向は明確に意識していたのに、それに同意しない夫に無意識的に合わせ、我慢し、自分の本来の意志を押し殺してきていたのです。

だから、私が絶対に日本在住を望まなかったにもかかわらず、日本に住むという結果を手にしてしまいました。無意識に自分が望まないことを自分に必死に刷り込んで、自分を洗脳していたのです。

言い換えれば、自分の軸、自分の人生ではなく、夫の軸に合わせ、夫の望む人生を歩んできてました。

それでは自分が実現させたいことが叶うはずがありません。

私が実現したい方向へ進むには、この人との別離が必要だと気づいたのが2015年の終わり。

だから、私にとっては2016年が、自分の実現したい姿を叶える元年なのです(*^_^*)
 

スポンサードリンク