高汚染の椎茸発覚-普通に流通している現実



椎茸などのきのこ類は特に汚染が危険!

これまで知る人ぞ知る定説となっていたものの、震災後のTV番組ではもろ福島産のしいたけがテレビで紹介されていましたね…。

というわけで、知らない人も多いのだろうと思います。

こんな1年後とかになって、汚染の実態が次々と明らかになっています。汚染があるにも関わらず、ちゃんと検査などしなかったせいで(国の高い暫定的基準値で安全としていたため)、高汚染の椎茸が出まわる結果になってしまいました。

ここにわかりやすい資料があるので、引用転載させていただきます。

〈緊急拡散!〉知って下さい!これが市場に出回ってる「干し椎茸」の現状

〈拡散お願い!〉

岡崎の幼稚園の「干し椎茸セシウム1400ベクレル報道」ちょっと待った!

先日、この幼稚園に通うパパさんと、問題にされてしまった園長先生のお話を聴く機会がありました。

パパさんはとても冷静で穏やかな優しい方。

この園長先生も、子どもたちの健康と命を最優先に考えていらっしゃる素敵な先生でした。お話を伺っていて、報道のあり方に憤り涙が出そうでした。

このパパさん、その後、多くの時間を割いてそこら中に電話をかけ、この椎茸の追跡調査をしています。そして、みなさんに知ってもらいたいと、まとめてくれました。

以下、転載します。ぜひ、読んで、広めて下さい。

 

『岡崎市内(愛知県)の幼稚園で使われた 汚染椎茸・追跡調査』

放射能汚染された椎茸が なぜ・いま 全国に出回っているのか?原因を調べました。

福島県・茨城県・宮城県・千葉県・群馬県・岩手県・埼玉県・神奈川県・
静岡県
これらの県では 椎茸の汚染が確認されています。

学校給食に使われている椎茸や、家にある椎茸の

『産地確認』

をしてください。

子供たちが食べないように 一人でも多くのお母さんに知ってほしい。子供たちの食にかかわる たくさんの人に知ってほしい。

みんなに伝わるように ご協力して下さい。よろしくお願いいたします。

(以下、クリックで拡大します)
shiitake

shiitake1

shiitake2

shiitake3

shiitake4

shiitake5


上の表、500ベクレル以上としてマーカーされたものがほとんどです…。

生椎茸で3桁台のベクレルが測定されている汚染となっており、そして干ししいたけとなると、その数値がとんでもなく大きく増えていることがわかります。

一番大きいもので、数千ベクレル~7千ベクレル台のものまで。

100ベクレル/kgを超えるものは、元来、ドラム缶に入れて保存するレベルの「放射性廃棄物」。放射性廃棄物を食べていることになります。

そして、恐ろしいのが、それが普通に流通していること。後から発覚したものの、もう汚染された椎茸が既に流通してしまっているためです。

椎茸は絶対に食べてはいけない!他きのこ類も同じ懸念があることでしょう。

とりあえずの防御策として、「きのこ類と魚介類は食べない!」

測定して汚染されてないことがわかってるならともかくも、そうでない限りどのくらい汚染されているかわかりません。偽装も横行する現状の中では、何を信じていいのかわからない状態ですし。

暗闇の中での手探り状態なものの、できることをするしか今はありません。