集団的自衛権とは?解釈改憲とは?問題点わかりやすく



集団的自衛権とは?解釈改憲とは?

難しい説明や内容は極力省き、「わかりやすい」を念頭に、各種出典より噛み砕いてまとめてみたいと思います。自分自身における確認・復習も含め。マンガなどもいくつか引用しました。

集団的自衛権とは?解釈改憲とは?

日本は現行の憲法では、戦争を起こすこと・または他国の戦争に参加することができません。

戦争に参加することを可能にするために、現行の憲法を改正しようという「改憲」の動きが現在の安倍政権にて起こっています。

【しかし】

その「改憲」をしなくとも、「憲法の解釈を変えること」(=解釈改憲)によって同盟国が行っている戦争に参加しようというのが「集団的自衛権」。

shudanteki1

集団的自衛権って??「集団」も「自衛」も、そんなに悪い言葉じゃないよね、いいんじゃない?と思っている方、いやいや、これは本当にこわいこと。日本を「戦争をできる国」にしよう、ということなんです。こちらより転載
 

shudanteki2-

青丸・・・解釈改憲
赤丸・・・集団的自衛権

日本平和委員会のページより)
 

manga1

manga2

mangaabe1

(同じく日本平和委員会の「ナニを守るの?集団的自衛権」より)
 

「戦地に国民」へ道 解釈改憲検討 首相が表明

senchini

集団的自衛権は、自国が攻撃されていないのに武力を行使する権利で、容認は海外の戦場に国民を向かわせることにつながる。解釈変更だけで行使を認めれば、憲法九条は骨抜きになり、憲法が権力を縛るという立憲主義の原則も否定される。戦後日本が守り続けてきた平和主義が揺らいでいる。

解釈改憲をすることで、集団的自衛権の行使を可能にさせようとしています。

つまり、憲法が存在しながらも、憲法が効力を発揮せずに骨抜きにされてしまう状態となります。最近の記事に書いた、ドイツのワイマール憲法が骨抜きにされた様子と非常によく似ています。形の上では憲法が存在しながらも、事実上において消滅します。

立憲主義国である以上、行使するならば「改憲」をした上でしなければならないのですが、それをすっとばして首相自身の解釈を変えることにより、集団的自衛権を行使しようというわけです。

上記記事の国民投票法の改正案により、改憲に関して最低投票率の定めなく過半数を超えると可決されてしまうと書きましたが、この改憲のための国民投票をするまでもなく、この「解釈改憲」をもって、他国の戦争に参加しようということを計画しているのです。

安倍首相はアジアで最も危険な人物

これを受けて、海外筋から「安倍首相はアジアで最も危険な人物」と言われ始めました。

安倍首相はアジアで最も危険な人物=ヘッジファンド首脳

著名投資家でヘッジファンドのキニコス・アソシエーツを率いるジム・チャノス氏は16日、安倍晋三首相は日本を再武装させようとしているとして、アジアで最も危険な人物だと述べた。

当地で開催された業界会合で、誰がアジアで最も危険な人物かとの質問に答えた。同氏は中国のどの指導者よりも安倍首相はアジアを不安定化させる恐れがあるとの見方を示した。

softfacist

softfacist2

・・・だそうです。

harimaya2

(おかきの播磨屋さんトラック)

声を上げて広めて騒いで暴走を止める

先日札幌にて、「解釈改憲反対」のシンポジウムが開かれ、200人が集まったそうです。

集団的自衛権 「解釈改憲反対」シンポに200人 政権暴走の懸念指摘 札幌

法政大の山口二郎教授らでつくる政策集団「『市民が主役』の政治をつくろう!北海道フォーラム」は16日、札幌市内でシンポジウムを開き、憲法解釈変更による集団的自衛権行使容認の問題を議論した。山口教授は約200人の聴衆に「権力が数を頼りに変なことをする時には声を上げなければならない」と訴えた。

解釈改憲に反対する「立憲デモクラシーの会」との共催。政治学者の杉田敦法政大教授と哲学者の西谷修立教大大学院教授も参加した。

杉田教授は安倍晋三首相が15日に示した解釈改憲方針は、内閣法制局などの「ブレーキ装置」を意に沿わせようとする政権の体質の表れとし、「多元的な権力が相互監視し、憲法9条などの原則は時の政府が簡単に変えられないようにするのが立憲主義」と批判した。

「政権の暴走をどう止めるか」との山口教授の問いかけに、西谷教授は「騒ぐしかない」と市民が意思表示する大切さを強調。「今、とんでもないことが起きているということを浸透させなければ」と述べた。

-声を上げる
-騒ぐ
-知らせる
-SNSで拡散する
 など

多数に周知し声を上げ、戦争へと向かっている安倍ファシストを止めなければなりません。

この流れを止めないと、これから日本は本格的におぞましい時期に突入してしまいます。

abehitler