ウクライナ・ドネツクの軍事化学プラントで核爆発?



ドネツクで大爆発があったという情報が入ってきました。SNS等だけでなく海外公式メディアでも取り上げられていました。

2015-02-10_1204
 

Military plant bombing by Ukraine forces turns night into day
(オーストラリアのメディア)

A huge blast has rocked the city of Donetsk after pro-Ukraine forces are believed to have bombed a rebel-held chemical plant, in an explosion that has been likened to the dropping of a nuclear bomb.

The explosion took place late on Sunday night near a chemical plant that has been targeted repeatedly by Ukrainian forces since September.

The bombing briefly turned night into day and produced a mushroom cloud commonly seen after nuclear weapons testing.

親ウクライナの軍が爆破したとされる爆発がドネツクの市街で起こりました。爆発は核爆弾投下との関連があるとされています。

爆発は日曜の夜遅く、昨年9月からウクライナ軍が狙いを定めていたとされる化学施設の近くで起こりました。

通常、核実験の後に見られるキノコ雲が爆発の時に発生し、暗かった辺りが瞬時に明るくなりました。
 

ドネツクで大爆発 爆心地は軍事化学プラント
ロシアの声ラジオ

ドネツクで大きな爆発があった。爆心地は、軍事化学プラント。ノヴォロシア人民戦線のコンスタンチン・ドルゴフ共同議長と、ドネツク・キエフ地区のリーダー、イワン・プリホチコ氏が伝えた。

ドネツク西部で8日22時50分頃、強力な閃光が発生し、その後、町中に爆風が轟いた。

町の多くの地域で住民たちが振動を感じたとう。窓は割れなかったが、人々は炎の照り返しを見た。爆発は、近隣の町でも感じられたほどだったという。

 

爆発時の動画です。

ただ、この爆発は核爆発ではなく、核によらない爆発だという指摘記事もあります。

Donetsk ‘Nuclear Explosion’ Was Just A Normal Mushroom Cloud, Not A Nuke

(ドネツクの「核爆発」は単なる通常のキノコ雲であり、核爆発によるものではない)

これが本当か「火消し」記事かはわかりませんが、軍事施設で大規模爆発が起こったのは事実であり、世界で多くの人々がこれが核爆発であることを疑っています。
 

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ