劣化ウラン貯蔵-実は日本全国に放射能汚染の危機

スポンサードリンク



三井化学岩国工場の爆発で、劣化ウランが貯蔵されてたことが明らかになりましたが、それを皮切りに、別の場所でも劣化ウランが貯蔵されていることが明らかに。

Portirland: 埼玉県、さいたま新都心駅から200m、埼京線の北与野駅から700mの場所に、劣化ウランやトリウムなどが含まれるドラム缶が30,910本あるより

uran

206名無しに影響はない(やわらか銀行)sage2012/04/22(日) 18:45:11.05ID:FZIXlPhk(1)参照 (1)

原発情報スレで拾った。

948 名前:地震雷火事名無し(埼玉県)[sage] 投稿日:2012/04/22(日) 17:34:22.96 ID:P+6SYYtt0 [1/5]

http://tv2ch.com/jlab-10s/s/10s465333.jpg
http://tv2ch.com/jlab-10s/s/10s465334.jpg
————————————
これを見て青くなったが、昨年3.11後の千葉コンビナート火災でも危なかったそうだ。

放射性物質迫る炎(2011年9月22日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/feature/chiba1316268521786_02/news/20110921-OYT8T01250.htm
http://www.jnc-corp.co.jp/news/11070840.html
————————————

さらに放射性廃棄物管理状況の全国一覧表が見つかったので、茨城、千葉、岩国を抜き書きしてみる。

核燃料使用施設

(3)放射性廃棄物の管理状況(政令第41条非該当事業所)

別表2-3に示すとおり、政令第41条に該当しない事業所における放射性廃棄物の保管量(平成20年度末現在)は、191 施設において200 リットル容器換算で計約77,000 本相当となっている。

別表2-3 平成20年度放射性廃棄物管理状況
(核燃料使用施設:政令第41条非該当事業所)
—————————————
24 茨城県環境監視センター茨城  0 本
25 ㈱化研 水戸研究所茨城    2 本
26 気象研究所茨城          0 本
27 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構茨城  4 本 ※1
28 (独)産業技術総合研究所 つくば中央第三事業所茨城      0 本
29 (独)産業技術総合研究所 つくば中央第五事業所茨城      0 本
30 (独)産業技術総合研究所 つくば西事業所茨城          0 本
31 ㈱ジェー・シー・オー 東海事業所茨城             8,311 本 ●
32 日鉱金属㈱ 磯原工場 茨城                   139 本
33 住友金属鉱山㈱ エネルギー・触媒・建材事業部 技術センター 茨城 710 本 ●
34 東北大学金属材料研究所附属量子エネルギー材料科学国際研究センター茨城 163.6 本 ※1  ●
35 (独)日本原子力研究開発機構 那珂核融合研究所茨城    0 本
36 日本原子力発電㈱ 東海発電所茨城               2 本
37 日本原子力発電㈱ 東海第二発電所茨城          2,919 本 ●
38 (独)農業環境技術研究所茨城                    0 本
39 ㈱日立製作所 情報制御システム事業部茨城          0 本
40 ㈱日立製作所 エネルギー・環境システム研究所茨城  740.9 本 ※1 ●
41 ㈱日立製作所 エネルギー・環境システム研究所(日立分館) 茨城    1,063.7 本 ※1  ●
42 (独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター 那珂湊支所茨城  66 本  ※1 ●
43 三菱原子燃料㈱ 茨城         0.75 本
44 三菱マテリアル㈱ エネルギー事業センター 那珂エネルギー開発研究所茨城 4,011 本 ●
45 和光電気㈱ 茨城工場茨城        2 本
46 茨城県環境放射線監視センター茨城  1 本
—————————————
62 住友化学㈱ 千葉工場 袖ケ浦地区千葉    2,132 本 ●
63 富士フイルムRIファーマ㈱ 千葉事業所千葉     0 本
64 (財)日本分析センター千葉               5 本
65 日本メジフィジックス㈱ 千葉工場千葉        0 本
66 ㈱日立製作所/日立ディスプレイズ千葉       2 本
67 ㈱藤井製作所 千葉工場千葉             0 本
68 住友金属鉱山㈱ 市川研究所千葉          0 本
69 チッソ石油化学㈱ 五井製造所千葉         33 本 ◎
70 (財)電力中央研究所 我孫子運営センター千葉  0 本
—————————————
177 三井化学㈱ 岩国大竹工場山口         3,379 本 ● ◎
—————————————
※1 液体廃棄物を保管している施設   ● 100本以上保管
◎ 2011.3.11あるいは2012.4.22に火災で危機一髪だった施設
—————————————

いっぱいあるもんだ。どこにも運べなくて町工場の中でドラム缶保管している訳か。 1972年までは劣化ウランを触媒に使っていたというから驚いた。相当、環境に撒き散らされていたのだろう。

207名無しに影響はない(やわらか銀行)sage2012/04/24(火) 21:27:20.14ID:KGSafQ3y(3)

>>206では茨城、千葉で劣化ウランを隠し持っている工場を列挙したが、首都圏の他の都県にもいっぱいあるので、それらについても抜き書きしてみる。

別表2-3 平成20年度放射性廃棄物管理状況
(核燃料使用施設:政令第41条非該当事業所)
—————————————
52 アリス東亜DKK㈱ 入曽工場埼玉    1 本
53 岩崎電気㈱ 埼玉製作所埼玉      23 本
54 関東化学㈱ 草加工場埼玉        0 本
55 ㈱住田光学ガラス 浦和工場埼玉  13.2 本 ※1
56 ニッキ㈱ 川口工場埼玉         0.1 本
57 ニュークリア・デベロップメント㈱ 管理部大宮管理室埼玉  9,196 本 ●
58 三菱マテリアル㈱ 大宮総合整備センター埼玉        30,910 本 ※1  ●
59 (独)理化学研究所埼玉         104 本 ※1  ●
60 高純度化学研究所 東松山工場埼玉  0 本
61 東洋大学 工学部埼玉           0 本
—————————————
71 海上保安庁海洋情報部東京                     0.21 本
72 東京工業大学 原子炉工学研究所東京               54 本
73 東京大学大学院工学系研究科原子力国際専攻共同施設東京 16 本 ※1
74 日本電気㈱ 府中事業場東京0 本174 中国電力㈱ 島根原子力発電所島根 32 本
75 富士電機システムズ㈱ 東京工場東京                0 本
76 防衛省技術研究本部先進技術推進センター東京          3 本
77 HOYA㈱ 昭島工場東京                        1.3 本
78 ㈱リガク 東京工場東京                         1 本
79 立教大学理学部東京                           0 本
80 シーメンス旭メディテック㈱ 潮見物流センター東京        0 本
81 東京都健康安全研究センター東京                   0 本
82 国立大学法人東京工業大学核燃料貯蔵管理室東京       0 本
—————————————
83 青山学院大学相模原キャンパス神奈川           1 本 ※1
84 旭化成㈱ 研究開発センター(川崎駐在) 神奈川    299 本 ●
85 旭硝子㈱ 中央研究所神奈川                 3 本
86 ㈱グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン神奈川  0 本
87 昭和電工㈱ 千鳥製造所神奈川                0 本
88 水産総合研究センター 中央水産研究所神奈川      1 本 ※1
89 大平金属工業㈱神奈川                     0 本
90 ㈱東芝 研究炉管理センター神奈川             0 本
91 ㈱東芝マテリアル神奈川                    56 本
92 東芝ライテック㈱ 横須賀事業所神奈川         36.3 本
93 ㈱ニコン 相模原製作所神奈川                9 本
94 日本たばこ産業㈱ たばこ中央研究所神奈川      0.1 本
95 ㈱YAKIN川崎神奈川                      0 本
96 富士フイルム㈱ 神奈川工場神奈川            21 本
97 防衛省防衛大学校神奈川                   0 本
98 三菱電機㈱ 情報技術総合研究所神奈川       21.2 本
99 武蔵工業大学原子力研究所神奈川             0 本
100 立教大学原子力研究所神奈川              0.2 本
101 旭化成ケミカルズ㈱ 川崎製造所神奈川        539 本
102 ㈱三菱化学科学技術研究センター 横浜エリア神奈川 0 本
103 ㈱オハラ神奈川                         5 本
104 ㈱富士通研究所(厚木) 神奈川               0 本
105 三菱レイヨン㈱ 横浜技術研究所神奈川         0.1 本 ※1
—————————————
※1 液体廃棄物を保管している施設  ●100本以上保管
—————————————

なかでも大宮の劣化ウラン保有量がすごい。全国にあるドラム缶77,353 本のうち、40,106本(52%)が大宮に集中しているとは驚いた。

ここが火災になったら首都圏は一巻の終わりだな。

208名無しに影響はない(やわらか銀行)sage2012/04/24(火) 22:04:09.31ID:KGSafQ3y(3)

58 三菱マテリアル㈱ 大宮総合整備センター埼玉 30,910 本 ※1  ●
一番気になるこの工場ををググってみた。

大宮総合整備センター
〒330-8508
さいたま市大宮区北袋町1-297
048-641-5111

場所は、東北本線の、さいたま新都心駅から200m、埼京線の北与野駅から700mだ。こんなさいたま市の中心部に、劣化ウランのドラム缶が30,910 本もあるって、頭がおかしいんじゃねえのか。しかもここは、「※1 液体廃棄物を保管している施設」だ。そんなものが漏れたら、いったいどうするのかね。

近所に住んでいる人は、劣化ウランのドラム缶30,910 本と液体廃棄物が無事かどうか、この工場に毎日電話して確認したほうがいいぞ。

209名無しに影響はない(やわらか銀行)sage2012/04/24(火) 22:25:36.85ID:KGSafQ3y(3)

58 三菱マテリアル㈱ 大宮総合整備センター埼玉 30,910 本 ※1  ●

この工場のグーグルマップの航空写真を見ると、いかにも怪しい風景が見える。 敷地内の大半の領域で、古い建屋を破壊撤去したような跡が見える。
しかも破けたブルーシートで広大な面積が覆われている。 これは、いったい何をやった跡なんだ?

敷地の東端に円筒形のタンクが2つあるから、おそらくこれが「※1 液体廃棄物を保管している施設」なのだろう。 30,910 本の劣化ウランのドラム缶は、いったいどの建屋にあるのだろう。 こんな住宅密集地に、30,910 本の劣化ウランのドラム缶があるとは、キチガイ沙汰だ。

この国は本当に狂っている。
俺は、気持ち悪くなってきて、もう吐きそうだ。

放置された劣化ウラン、全国195カ所に1545万6600リットル分

週刊朝日9月2日号(8月23日発売) スクープ!「新しい放射能危機」
放置された劣化ウラン 全国195カ所に1545万6600リットル分の放射性物質

引き取り手がない「核のゴミ」

放射性物質を扱う事業者は、研究や事業に使っているため、その結果として、次々と”核のゴミ”を生み出すというスパイラルに人っている。核物質は永遠に消えないわけだ。

さいたま市にある三菱マテリアル大宮総合整備センターでは、200リットルのドラム缶換算で3万910本の放射性廃棄物を抱えている。放射線量にすると38ギガベクレル。1秒間に380億本の放射線が出ている計算になる。同社の清水正夫所長補佐が説明する。

「以前、研究開発用に使用したもので、廃棄物の中身は、ウランやトリウムで汚染された土壌が7割で、残り3割は解体撤去した際の設備や作業服、靴などいずれも放射性物質で汚染されているものです。捨て場所がないので、03年に地下2階建ての保管庫を造り、厚さ4ミリの鉄板でできたコンテナ状の容器に詰めた上で保存しています」

同社は安全性をPRするため、保管状態を公開する見学会を実施している。

なぜ、これほどまでに、放射性物質が私たちの身近な場所に”放置”され続けているのか。答えは、捨て場所がないから、だ。病院などから出る「RI」と呼ばれる放射性同位元素のゴミ以外は、引き受け手がいない。放射性廃棄物を保管する事業者は、

「こんなもの持っていたくないが、どうすることもできない」

と悲鳴を上げている。

08年に原子力機構法を改正し、日本原子力研究開発機構が低レベル放射性物質の埋設処分をすることになった。日本原子力研究開発機構埋設事業推進センターはこう説明する。

「埋設処分の方法には、鉄筋コンクリート製の施設の中に埋めるピット型と、浅地中に埋めるトレンチ方式がある。これからドラム缶53万本の埋設処分場を造る計画ですが、場所がまだ決まっていない」

稼働は早くても2020年。まだまだ、核のゴミの増殖スパイラルは終わりそうにない。

ウランは全国にばらまかれた?

本誌は新潟を訪ねた。06年8月に県立柏崎高校の化学準備室から天然ウラン336グラムを含む硝酸ウラニルが見つかった経緯を取材するためだった。

柏崎高校の担当教員はこう語す。

「定期的に不要な薬品を処分していますが、廃棄業者から『処理できない薬品がある』と連絡があって、ウランだとわかりました。授業で使ったこともないし、それ自体が放射性物質であるとは知りませんでした」

廃棄業者が気づかないまま、焼却していたら……。廃棄方法によっては、放射能汚染を広げる可能性もあった。さらに、県教育庁保健体育課に話を聞いていると、担当者はこんなことを口にし始めた。

「柏崎高校で放射性物質が見つかったのを受けて、県内の全校を調査したところ、最終的に高田高校、村上高佼、柏崎総合高校、加茂農林高校、新潟高校、三条商業高校、松代高校の7校で次々に放射性物質が見つかったんです。どうしてこれらの学校に保管されていたのかはわかりません」

柏崎高校を含め、放射性物質が見つかった8校のうち7校に、共通点がある。いずれも100年程度の歴史を持つ高校ということだ。8校は、核物質を含む薬品を一度も使うことのないまま、薬品棚などに保管していたという。

関係者はこう話す。

「詳しい経緯はわかりませんが、こうした薬品類は第2次大戦中に、東京の大学から地方の高校に疎開してきたらしいのです」

空襲による放射能汚染を避けるための”薬品疎開”の疎開先が新潟だけだったはずもない。大戦中に、全国各地に放射性物質がばらまかれた可能性もある。

ということは、全国各地の高校の教室の片隅に、ウランがあるという可能性もあるのだ。

福島第一原発の爆発で、私たちは放射能汚染の恐ろしさを実感している。しかし、”危険の発生源”は原発だけではない。これまで楽観視してきた放射性物質の管理体制を、大きく見直すべき時期にきている。

全国のウラン保管数一覧

(クリックで拡大)

hokan

hokan1

 

本当、全国に散らばってます。これらは盲点だけれど、こういった事実があることを知っておくべきでしょう。そしてまさに、危険の発生源は原発だけではないことを。

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク