[海外移住先選び] タイの方がおすすめと書きながら、自分はマレーシアに根付く理由

スポンサードリンク



こんにちは^^マレーシアブロガーと化したJunna (@myremin) です。新たに以下3つにてブログランキングに参加してみました。カテゴリーバラバラ(笑)こういう内容を書いていきたいと思い…。 

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ

クリックで投票されます。よかったら今後よろしくお願いします。m(_ _)m

以下記事2つで、海外・東南アジア初心者はクアラルンプールよりもバンコクの方が圧倒的に住みやすいことを書きました。あくまで個人感想として。。

けれど、私は今後も長くにわたってマレーシアに根付いていこうというつもりでいます。

もちろん未来には何があるかわからないので途中で予定変更なんていうことがなきにしもあらずながら、今のところは長くマレーシアにいようかと。

過去記事で、なぜ最初にタイではなくマレーシアを選んだかも書きました。

上記はより一般論的な理由なのと、まだ住み始めて間もない頃の記事にて、今現時点で私の「超個人的」なマレーシアに居残ろうとしている理由を書きたいと思います!
 

1・中華系文化に惹かれている、もっと知りたい

元々昔から、うすうすと中国や中華圏の文化に興味はありましたが、マレーシアに来てそれをはっきり自覚しました。マレーシアで根を張ることで、中華系の文化についてもっと知りたいと思っています。

前回書きましたが中国語も習いたいです。ビザ的に滞在しやすい意味で、また私自身が好きな理由で台湾というのも考えましたが、今度は英語が使えなくなってしまうんですね…。

その方が中国語習得にはよいのでしょうが、私は英語もまだまだキープしたいと思っていますし、英語も引き続き進行形で学び続けたいです。

中華系もそうですが、やはりマレーシア人やマレーシアでの文化にも興味があったからです。
 

2・商魂たくましいマレーシア華人よりビジネスや投資を学びたい

ずばり、私がマレーシアでやっていきたい一番の理由です。縁あって、マレーシア華人から投資とビジネスについて学ぶ機会をたびたび持ってきました。

今後も華人と関わりを持って、ビジネスや投資について彼らから学びたいと思うのです。彼らとの出会いは、私の人生を変えたと言っても過言ではないからです。私が新しいことを始められるのも、投資やビジネスに精通した華人の友人のおかげです。

高い英語力も、他の中華圏にはあまりないもののマレーシア人にはありますしね。華人に限らずですが、多言語を話せることもすごいと思っています。
 

3・タイに比べてビジネスチャンスが大きい(と思う)

いろいろなものがすでに充実しているタイに比べると、いろいろなものがまだまだ足りないマレーシアは、タイに比べてビジネスチャンスも大きい気がするのです。

オーストラリアやフィリピンにあってマレーシアにないものとかあるんですよね。今後将来にかけてうまくビジネスチャンスを見つけてつかんでいきたいなと思います。
 

4・バンコクより日本人が少ない・一匹狼型が多い

バンコクは日本人の数が多すぎるような気もします。前を見ても後ろを見ても日本人。みたいなことがしょっちゅう。クアラルンプールでは、そこまでのレベルでは遭遇しません。

個人感想ですが、クアラルンプールに好んで1人で自分の意志で住んでいる日本人は、良くも悪くも変わった人が多いと思うのです。個性的というのか。あ、私も1人で住んでる人でした。笑 

自分は集団だとか群れることが嫌いなので、いわゆる日本人会みたいな組織には属したくないんですね。仕事だとか、どうしても必要とかでもない限り。もちろん個人対個人のお付き合いは喜んでさせていただきたいのですが、集団や群れがダメ。

もちろんそうやって決めつけていたら大事な出会いも避けてしまうことになりかねませんから、必要最低限での繋がりが持てる場には足を運びたいと思いますが、日本人社会で生活していく意志はまったくないんです。意志がないというか、その必要がない。今のところ。

住居もローカル不動産業者手配ですし、他においても日系業者を使うことはないですし、日本語情報誌などもどこに置いてあるのか半年くらい知りませんでした。

日系サービス店や日本食屋にもそんな行くわけでもないし、情報はローカル新聞とネットで間に合うので、日本語情報誌や日本語新聞を読む必要もなく。

唯一、美容師さんだけは日本人の方にお世話になりたいです。技術が素晴らしいと思うためです。
 

6・やっぱり英語!

なんだかんだ言って、今の英語で暮らせる環境が好きなのです。毎朝、無料で配られる英語新聞を読むのも好きなのです。無料の中国語新聞もあります(まだ読めませんが…笑)。

タイじゃまず文字が読めませんし、ローカル新聞を理解できません。マレーシアみたいに質の良い無料新聞があるのかもわかりません。

dscn0081

(マレーシアの無料新聞)
 

7・物足りないものだらけだけど住めば都で暮らしやすい

前記事でさんざんマレーシアのダメ出しをしたみたいな感じでしたが、悪い点は悪い点で確実に存在する事実を含めて、マレーシアは暮らしやすいと思うのです。交通インフラなど物理面を別にすれば…。

そこにはマレーシア人のおだやかさやあたたかさといったものも大きいと思います。

8・多国籍環境の良い仕事に恵まれた

これはオマケみたいな感じですが、現在はあるグローバル外資企業で働いていますが雰囲気がとても良いのです。この会社でずっと働いていたい理由で、マレーシアにい続けたいとも言えてます。

多国籍の社員が多くいる環境で、それがまたよいのです。

+++

と、他の人にはかなりどうでもいい的な、完全に超個人的な、タイがいいと言いつつマレーシアに住み続けたい理由をまとめてみました。(^^ゞ

13340953_248751545493903_372413600_o-2

(舛添氏と一緒に。・・・冗談ですがちょっと似てませんかw 点心屋台のおじちゃん。)
 

スポンサードリンク