Web
Analytics
海外で生卵?マレーシアでも食べられる生卵で卵かけご飯|マレーシア外こもり生活
マレーシア生活

海外で生卵?マレーシアでも食べられる生卵で卵かけご飯

こんにちは、Junnaです。もう知ってる在マの方が多いであろうものの、マレーシアで食べられる生卵を、知ってる限りで2つあるので書きたいと思います。

海外では生卵として食べられる仕様になっていないので、マレーシアに限らず海外で市販の生卵を食べるのは危険ですし、生卵として食べるのではなく加熱する前提となっているので、消費期限も1ヶ月と長い期間が設定されています。

私が住んできた海外の国もすべてそうで、生卵は食べれないものでした。

(厳密には海外他国で生卵を食べる方法を調べ、時に食べましたが自己責任です)

マレーシアでも他の海外の国と同様、最近になるまで生卵は食べれないものと思っていました。

厳密にはスーパーの冷蔵庫で売っている低温殺菌卵なら生卵で食べられるのですが、白身がくもってて新鮮感に欠けているような感じで、食べれるのは承知でも違う感がして好きになれず。

実際には海外生活も長くなっていたので苦にはならなかったのですが、海外にながら新鮮な生卵が食べられると聞き早速試してみました。

海外で生卵や卵かけご飯は無理と思って諦めている人も多いことでしょう。

海外でも特に欧米諸国などでは生卵を食べるのは難しいと思うので、マレーシアでよかったなと思います。

自分が生卵を食べたのは以下の2つです。他にもあるかもしれませんが、現時点で。(もしあった場合は追記します)

[スポンサーリンク]


海外でも生卵が食べられる?マレーシアで食べられる生卵

1. Kenkori Egg

私はローカルのオーガニック店で買いましたが、チェーン店のBMSでも買えるようです。またオンラインで宅配もしてくれるとのこと。

値段はお店でRM12。市販のKampung Egg (放し飼いフリーレンジ卵)の2倍弱の値段ですね。

それだけ品質管理に力が入れられており、だからこそ生の卵が食べられるのですね。

卵の色もオレンジがかった黄色で、品質が良いのがひと目でわかります。

久々のTKG、卵かけご飯。美味しかったです!

ホッケンミー(クェイティアオ)の生卵のせも。

オンラインオーダーとデリバリーもしてくれるとのことです。生食目的で新鮮な卵を手に入れるためにも、オーダーがいいのかもしれませんね。

Kenkori Eggs
 

2. OnZen Egg

こちらも生卵として食べれる旨を、日本語情報誌の広告で見つけて気になっていました。また少し前に実際に店頭で見かけてもいました。その時は生食が可能とは思わなかったものの。

興味が湧いて、Kenkoriの次にOnZenを買ってみました。値段は同じくRM12。

とにかく黄身がオレンジ色、オレンジ色の黄身がとろーりで味が濃く、美味しかったです。

温泉卵、続いてラーメンの具にもポーチドエッグにして入れてみました。生卵ではないですが、半熟手前ですね。

新鮮な卵が欲しい場合は、オンラインでオーダーするか、直接本店にて買えるとのことです。

OnZen Eggs

海外にいながら生卵、でも消費期限が1ヶ月間の設定?

海外にいながら食べられるという画期的な生卵ですが、しかしながら、卵を手にとって気になったのが消費期限です。やはり1ヶ月間が設定されている。

なので、安全な卵という前提で、生卵として食べるタイミングは日本と同様の1週間程度である必要があると思います。消費期限の日付の3週間くらい前までに食べるのが無難かもと。

その場合お店だと少し日付がたっていたりすると思うので、念には念を入れるなら、オンラインで買うのがよいことでしょう。

海外マレーシアでのまさかの生卵で卵かけご飯、久々で美味しかったです!

生卵のせヌードル、温泉卵も、一般の卵よりも格段に美味しかったです。黄身の味も濃くて。

スーパーで一番安い卵を買うと黄身の色がすごく薄い黄色で、栄養外貨にもなさそうな感じがするけれど、これらの卵は対局的に栄養たっぷりなのが見るからにわかる感じ。

あとこれらの他にも、これも生食いけるだろうと思われる卵があるので、調査と開拓をしてみたいと思います!

[スポンサーリンク]


にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です